「 営業 」カテゴリー一覧

営業についてのコンテンツ一覧です。

行政書士は営業力を高めることが成功のカギ

『営業』というと、靴底をすり減らしながら汗をかき、一件一件地道に回る、といった『飛び込み営業』のイメージが思い浮かぶかもしれません。 確かに、こうした飛び込み営業などで仕事を獲得することも営業力のひとつですが、行政書士の営業手段というのは、何もこれだけではありません。 では、行政書士の営業力というのは、具体的にどのような能力を高めていけばよいのでしょうか。

顧客リストの整備で攻めの営業を行う

同業者や他士業の方と話していると、相談は結構多いのにその後が続かない、という声をよく聞きます。 特に、無料相談を行っているような事務所では、このような事例が多いように感じます。 無料相談というのは敷居が低くなる半面、どうしても数を稼がないと依頼につながらない側面もあります。また、顧客の中には、何件かの事務所を回って相談している方も少なくありません。 では、その中から自分の事務所を多くの人に選んでもらうためには、どのような方法が考えられるでしょうか。

行政書士は見込み客をどれだけ確保できるかが重要

どのような商売であっても、まずは顧客となる可能性のある見込み客を確保することが重要です。 行政書士の場合、相談業務であったり、異業種交流会であったり、セミナーであったり、各種の営業であったりと、様々な見込み客確保の方法が考えられます。 どのような顧客層をターゲットにするのかによっても方法は異なりますが、新人行政書士はまず、できるだけ多くの見込み客を確保するために努力しなければなりません。

行政書士バッジはつけた方がいい?

行政書士登録が済むと、上図デザインの行政書士バッジがもらえます。 私が登録したときは小さな桐の箱に入っていて、何となく嬉しかったことを覚えています。 さて、この行政書士バッジですが、普段仕事をしている時も常につけている方もいますし、ほとんどつけない、という方もいます。 実は私も、今では単位会や支部の公式行事などがある時しかバッジをつけていません。 ただ、新人行政書士だった頃、この行政書士バッジをつけていたことで仕事につながったことが一度だけありました。

自分の強みと弱みを棚卸ししてみる

自分の事務所の存在や、行っている業務を一人でも多くの人に知ってもらうためには、何らかの営業活動というのが絶対に欠かせません。 営業活動の方法は様々ありますが、まずはとにかく自分ができること、得意なことから始めてみることを考えてみましょう。 闇雲に他人の真似をするのではなく、自分の強みや弱みといった自己分析をして、営業方法を考えて実践していくことが大切です。

雑談力が仕事を呼び込むことも

行政書士として顧客と接していると、仕事以外の雑談をする機会も少なくありません。 こうした雑談というのは、顧客との距離を縮める効果があります。 また、雑談を交わしている中で、顧客が困っていることや疑問をさらに聞き出すことにより、新たな行政書士業務を受注できることもあります。 つまり、雑談力を高めることは、行政書士としての営業スキルの向上にもつながるのです。

新人行政書士こそセミナー開催のすすめ

一般的にセミナーというと、ある程度実績のある専門家が行うイメージがあります。 確かに、実績や経験のある人のセミナーというのは、内容に当たりはずれがあるにしても、それなりに実績や経験をアピールできますので、集客という面でも有利に働きます。 では、実績も経験も浅い新人行政書士が、セミナーを企画して開催することはできないでしょうか。

事務所から近いということもアドバンテージとなります

顧客が行政書士事務所を選ぶ際は、様々な要素で検討すると思います。 これは行政書士事務所を選ぶときだけでなく、私たちの日常生活で買い物をするときなども同じです。 例えば、大きくて立派なお店であったり、価格が安いお店であったり、ホームページの内容が充実しているなど、様々な要素があるでしょう。 行政書士に依頼する顧客も、そうした基準をもとに選んでいる場合もありますが、意外と無視できないのは、『事務所が近い』という点です。

スキマ時間にも営業できる簡単な方法

行政書士の仕事は、事務所でデスクワークのみをやっているわけではありません。 打ち合わせや営業、役所回りなどで外出する機会の多い仕事です。 しかし、よほどタイトなスケジュールで動いていない限り、外出先でちょっとしたスキマ時間ができることも少なくありません。 例えば、移動時間や帰所時間というのも、こうしたスキマ時間になるでしょう。 では、こうしたスキマ時間を何とか有効に使う方法はないでしょうか。

狭い入口から入り込んで業務をアピールする

行政書士の業務範囲はとても広く、主要な業務だけでも相当な数があります。 しかし、主要業務というのはすでに手掛けている行政書士も多く、新人行政書士が新規参入して軌道に乗せるまでには少し時間がかかるかもしれません。 そこで考えたいのは、地域の他の行政書士があまり参入していない分野、いわゆるニッチな分野から入ることです。

ホームページ営業は業務特化型・地域特化型が効果的

行政書士の仕事は非常に幅広く、需要のある分野だけでも数多くあります。 また、ホームページを開設している事務所も多いですから、もしホームページで仕事を受注することを考えるのであれば、数ある事務所の中から顧客に選ばれる内容にしなければなりません。 では、ホームページで集客を行うにあたっては、どのような戦略をとるべきなのでしょうか。

集客の導線は多ければ多いほどいい

行政書士の営業というのは、様々な方法があります。 例えば、ホームページであったりSNSを駆使したものであったり、人脈を使って紹介を得ていくものであったり、チラシやパンフレットを使って飛び込み営業や広告を打ってみたりなど、ざっと考えただけでも色々と考えられます。 そして、この中でも最近では、ホームページやブログを使った営業を行う方が増えてきました。 確かに、ホームページやブログというのは、自分の事務所をアピールするために大きな役割を果たしますので、ぜひ力を入れていくべきところです。 ホームページというのは、上手に活用すれば24時間働いてくれる優秀な営業マンとなり、集客の柱にもなり得るものです。

小さな目標の積み重ねが仕事を呼び込みます

開業したばかりの新人行政書士と話をしていると、『開業したが、何をすればいいのかわからない』といったことを口にする方が多いです。 実際、私も開業当初はそのように考えた時もありました。 何をすればいいのかわからない、というのは、要するに『どのようすれば仕事を獲得できるのかがわからない』ということなのでしょう。 いくら実務の勉強を重ねて知識を増やしても、肝心の顧客がこなければ仕事になりません。 では、開業したばかりの新人行政書士は、仕事を獲得するために、どのようなことを行っていけばよいのでしょうか。

行政書士はまず存在を知ってもらうこと~FAXDM編

行政書士の営業方法は様々ありますが、FAXDMという方法もあります。 FAXDMとは文字通り、ターゲットとなる顧客へFAXでDMを流す手法です。すでに開業されている方は、様々な業者などからFAXDMが来ていると思います。 では、行政書士業務を獲得する方法として、FAXDMというのは有効なのでしょうか。

待ちの営業と攻めの営業を駆使して集客力をアップする

行政書士も商売ですから、自分の仕事を世の中に広くアピールしていかなければなりません。 そのための手段としては、ホームページであったり、各種の広告やDM、飛び込み営業など、様々な手段が考えられます。 基本的に、世の中の人は行政書士がどのような仕事をしているのか、といったことをよく知りません。司法書士と行政書士の区別もつかない人がほとんどです。 では、行政書士がとるべき営業戦略として、どのような方法が効果的なのでしょうか。

新人行政書士はとにかく外に出ましょう

新人行政書士として開業して最初の仕事を得るには、知人や友人からの紹介というのが最も近道であるということは、以前に書きました。 そして、そのためには当然のことながら何らかの営業活動をしなければなりません。 とにかく人の集まる場所に出て、人と対面での営業活動というのも必要になってきます。 普通に社会生活をしていれば、人の集まる場所に顔を出す機会というのは、誰にでも何かしらあるはずです。

新人行政書士事務所にホームページは必要?

最近は行政書士のホームページも増えてきました。 試しに、『行政書士 ○○市』などと検索してみると、単なる事務所紹介的なものから、専門性をアピールしてホームページからの受注を狙っているものなど、様々なホームページが出てくるはずです。 そこで、新人行政書士もホームページが必要なのかどうかを考えてみましょう。

名刺は相手によって使い分けると効果的です

名刺は行政書士に限らず、ビジネスでは重要なアイテムです。 行政書士にとっても、この名刺をどのように活用するのかというのは考えどころです。 名刺には、行政書士の肩書や氏名、事務所の住所、電話番号やFAX番号、メールアドレス、ホームページアドレスといった内容を(当たり前ですが)最低限入れておきましょう。 さらに、自分の顔写真(もちろんフォーマルなもの)や行政書士マーク(コスモスマーク)なども入れておくと、見た目のインパクトがだいぶ違ってきます。 ちなみに、行政書士登録が済んでいる方であれば、日本行政書士会連合会ホームページの会員専用ページから、行政書士マークや行政(ユキマサ)くんのロゴ、イラストがダウンロードできます。

意外と効果アリ?行政書士のチラシ営業戦略

チラシというと、ピザ屋さんや住宅販売、新聞の折り込み広告などを思い浮かべる方が多いと思います。 これらは、とにかく数を打って必要な人に届くようにする手法ですから、必要のない人にとっては迷惑なものであり、チラシはそのままゴミ箱に直行、という方も多いでしょう。 では、このチラシを行政書士の営業ツールとして使うことができないかどうかを考えてみます。

単なる名刺交換で終わらせないために

行政書士として人に会うことが増えてくると、ビジネス上の名刺交換をする機会も多くなります。 できる限り自分の存在をアピールするには、名刺の内容やデザインといったことを工夫することも大切です。 例えば、自分の顔写真入りのものだったり、三つ折りの名刺だったり、印象に残るような目を引く色使いをしてみるなどといったことです。 しかし、これだけでは自分の存在を相手にアピールするには不十分です。 そこで、名刺交換後のアフターフォローというのが大事になってきます。