「 実務 」カテゴリー一覧

行政書士業務のジャンルは大きく2つ

行政書士の業務範囲はとても広く、どのような仕事が現実的にあるのか、今ひとつ分かりにくい面があります。 業務範囲が広いことはメリットにもなるのですが、逆に、行政書士の仕事を一般の人が理解しにくいというデメリットも併せ持っています。 では、実際にどのような業務があるのでしょうか。 行政書士の仕事は、大きく『許認可系』と『法務系』の2つに分けることができます。

人生経験を行政書士の業務に生かす

行政書士の業務というのは非常に幅広く、これから仕事を行っていく上での選択肢の多さがメリットとなります。 しかし、逆に業務範囲があまりに広すぎるため、どの業務や分野に絞っていけばよいのか決めにくいというデメリットも併せ持っています。 行政書士業務は、試験のために勉強した知識だけでは、なかなか自信をもって取り組むことができません。 そこで大きな助けになるのは、これまでの人生で得てきた経験や知識です。

行政書士実務の知識は仕事をやりながら習得する

行政書士試験の勉強で学んだ知識というのは、実務とかけ離れているといえるかもしれません。 実際、行政書士の実務の中で、行政書士試験の勉強で学んだことを生かせる場面というのは、それほど多くありません。 そのため、いざ開業してみると、『自分にこの仕事ができるだろうか』と不安になることも多々あります。 しかし、少なくとも行政書士の主要業務である許認可業務に関しては、書類の作成方法そのものについて、手引きなどの名称でマニュアル化されています。そして多くの場合、書類を提出する役所の窓口やインターネット上で入手することが可能です。