単なる名刺交換で終わらせないために

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士として人に会うことが増えてくると、ビジネス上の名刺交換をする機会も多くなります。

できる限り自分の存在をアピールするには、名刺の内容やデザインといったことを工夫することも大切です。

例えば、自分の顔写真入りのものだったり、三つ折りの名刺だったり、印象に残るような目を引く色使いをしてみるなどといったことです。

しかし、これだけでは自分の存在を相手にアピールするには不十分です。

そこで、名刺交換後のアフターフォローというのが大事になってきます。

スポンサーリンク

目的は自分のデータを相手のパソコンに残すこと

具体的な方法としては、名刺交換後、相手に対してお礼のメールを送るということです。

最近の名刺には、大抵メールアドレスも記載されています。ですから、そのメールアドレス宛にお礼のメールを送付するのです。

メールをするタイミングとしては、相手が自分のことを忘れないうちに、当日あるいは翌日くらいまでには送るようにしましょう。

なぜあえてメールを使うのかというと、相手のパソコンに自分のデータを残すことが目的だからです。

会社などによっては名刺をデータ化しているところもありますが、ほとんどはもらった名刺が束のままになっている、ということが多いものです。

そして自分の名刺も、そのままではいずれその束の中に埋もれていってしまいます。

ですから、相手が自分のことを思い出した際に、すぐ検索してもらえるメールを活用するのです。

ビジネスメールには署名が必須です

なお、ビジネス上のメールを送付する際には、必ず署名を入れましょう。

署名には、自分のメールアドレスはもちろん、ホームページを持っていればホームページアドレスも記載しておくことで、相手がホームページを参照してくれるかもしれません。

これはとてもマメな作業ではありますが、これをやるのとやらないのとでは、相手の印象が大きく違ってきます。

実は、私も開業当初はこのような作業は行っていなかったのですが、その後にある方と名刺交換した際に丁寧なお礼のメールが届き、以来、その方法を真似させていただいてます。

メールであれば電話などとは違い、相手の都合のいいタイミングで開いて読むだけなので相手の負担となることもありませんし、こうしたメールを迷惑がる人はまずいません。

すぐに仕事に結びつくことではないかもしれませんが、このような作業の積み重ねが、その後に仕事を呼び込んでくることもあるのです。

すぐに実践できる方法ですから、新人行政書士の方は名刺交換したら、ぜひお礼メールを出すようにしてみましょう。