小さな目標の積み重ねが仕事を呼び込みます

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

開業したばかりの新人行政書士と話をしていると、『開業したが、何をすればいいのかわからない』といったことを口にする方が多いです。

実際、私も開業当初はそのように考えた時もありました。

何をすればいいのかわからない、というのは、要するに『どのようすれば仕事を獲得できるのかがわからない』ということなのでしょう。

いくら実務の勉強を重ねて知識を増やしても、肝心の顧客がこなければ仕事になりません。

では、開業したばかりの新人行政書士は、仕事を獲得するために、どのようなことを行っていけばよいのでしょうか。

スポンサーリンク

まずは営業活動を始めることから

仕事を獲得する手段としては、まず何らかの営業活動をしなければなりません。

事務所に立派な看板を立てたとしても、当然ながらそれで顧客がどんどん集まるほど甘くはありません。

営業活動と一口に言っても、飛び込み営業であったり電話営業であったり、ホームページでの集客であったり、チラシの配布であったりと、様々な方法が考えられます。

また、新人行政書士は積極的に人の集まる場所に出ていくことが大事です。対面での営業活動は、自分をアピールする絶好の機会となります。

そうした対面での営業と併せて、ホームページの充実やチラシの配布などを行っていくことで、自分の事務所をどんどんアピールしていきましょう。

まずは小さな目標を立てて実行する

自分をアピールするための手段というのは、考えればいくらでも出てきます。

ただし、考えるだけであれば誰でもできますが、それを実行に移すことができるかどうかが重要なのです。意外とこの点ができていない方が多いように感じます。

誰でもできるお勧めの方法としては、何でもいいので毎日小さな目標を立て、それをノルマにすることです。

例えば、人が集まる場所に出たら自分の名刺を10枚配るとか、事務所のチラシを100枚配るとか、電話営業を10件行うなどなど、本当に小さな目標で構わないので、決めたら毎日確実に実行するのです。

行政書士として開業したら、あなたはその日から経営者です。経営者が毎日何もすることがない、ということは絶対にあり得ません。

たとえ小さな目標達成であっても、それが積み重なれば顧客獲得の可能性がどんどん広がっていきます。

実務の勉強も大切ですが、それを生かすためには仕事をとらなければ話になりません。結局、行政書士として成功するかどうかは、実行力があるかどうかで決まります。

新人行政書士は、考えられる営業方法を何でもやってみることが必要です。まずは自分の事務所を知ってもらうこと、何ができるのかをアピールすることに注力しましょう。