ホームページ営業は業務特化型・地域特化型が効果的

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の仕事は非常に幅広く、需要のある分野だけでも数多くあります。

また、ホームページを開設している事務所も多いですから、もしホームページで仕事を受注することを考えるのであれば、数ある事務所の中から顧客に選ばれる内容にしなければなりません。

では、ホームページで集客を行うにあたっては、どのような戦略をとるべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

何でも屋では顧客に選ばれにくい

行政書士がホームページを開設する目的は様々です。

ホームページ以外の営業方法で実績を上げているのであれば、単に事務所案内的なものでも名刺代わりとして、行政書士が行う仕事を列挙しておけばいいでしょう。

しかし、新人行政書士がホームページを集客の営業ツールとして使うのであれば、行政書士業務を列挙しただけでは、まず結果を出すことはできません。

例えば、自分が顧客の立場になって、ホームページで建設業許可業務を行ってくれる行政書士を探すと仮定してみましょう。

『建設業許可も相続も風俗営業許可など何でもやります』という事務所と、『建設業許可を専門に行っています』という事務所では、やはり後者を選ぶ可能性が高いと思います。

また、さらに専門性をアピールするのであれば、地域も特化してみるとさらに効果が高くなります。

例えば、『埼玉の建設業許可ならお任せください』『○○市の相続手続きならお任せください』などといったように、その地域の顧客が選びやすい売り文句を、ピンポイントでアピールするのです。

業務特化型・地域特化型で営業するメリット

そうは言っても、業務特化型、地域特化型では顧客を取りこぼしてしまうのでは、と考えている方がいるかもしれません。

そう考えるのであれば、自分が行うことができる、これからメイン業務に据えていきたい分野のホームページを、どんどん特化型でいくつも作ればいいのです。何もホームページは一つである必要はありません。

そうすることで地域の顧客を少しでも多く囲い込むことができれば、業務の効率化という点でもメリットは大きいでしょう。

特に、許認可系の仕事については、地域によって提出書類などが異なることが多いですから、業務内容や地域を絞ってしまうことで、結果的に仕事が効率化されます。

特化型という狭い入口から出口が広がることも

特化型というのは、確かに入口は狭くなります。

しかし、顧客というのは行政書士は何ができるのか、というのをほとんど知りません。

ですから、狭い入口から入り込み、すかさず、こんな仕事もやっているんですよ、というアピールをすることもできます。

つまり、入口は狭くても、出口はいくつもある可能性があるのです。

実際、私は相続や遺言の仕事を専門にしていますが、たまたま商売を営んでいる顧客の相続手続きを行い、その後も違う業務でお付き合いをしているケースというのが多々あります。

ホームページでの集客を考えている新人行政書士の方は、まず自分のやりたい分野や地域の特化型ホームページで攻めてみることを考えてみてください。