事務所から近いということもアドバンテージとなります

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

顧客が行政書士事務所を選ぶ際は、様々な要素で検討すると思います。

これは行政書士事務所を選ぶときだけでなく、私たちの日常生活で買い物をするときなども同じです。

例えば、大きくて立派なお店であったり、価格が安いお店であったり、ホームページの内容が充実しているなど、様々な要素があるでしょう。

行政書士に依頼する顧客も、そうした基準をもとに選んでいる場合もありますが、意外と無視できないのは、『事務所が近い』という点です。

スポンサーリンク

近いというだけでアドバンテージになることも

この『事務所が近い』という要素を、顧客によっては最も重視することがあるのです。

実際、私は雑談の中で『なんでウチに来たんですか?』と必ず聞くのですが、その中でもかなりの割合で、『近くだから』という方がいます。

ということは、自分の事務所の周りに存在を周知すれば、『近い』ということを重視する顧客を獲得できる可能性があるということです。

少なくとも町内の人にくらいは、あそこに行政書士事務所がある、ということを知っておいてもらうことも大切です。

『近い』というアドバンテージを十分に生かしましょう。

どうすれば近くの顧客に周知できるのか

これは様々な方法が考えられます。

例えば、可能であれば目立つ看板を掲げてみたり、チラシを作って配ってみたり、近所の方と会ったら立ち話でもしてみたりと、コストや時間の許す限り、色々とやってみることです。

とにかく、近くに行政書士事務所がある、ということを近くの人や会社に知ってもらう方法を考えて実践してみることです。

そうして事務所周辺から、少しずつ範囲を広げていくのも一つの方法です。

ニーズを探るマーケティングにもなる

一般の人は、行政書士が何をやっているのかをほとんど知りません。

ですから、自分の事務所は何をやっているのか、という点も併せてアピールする必要があります。

事務所の周りが繁華街であれば、風俗営業許可などのニーズがあるかもしれませんし、住宅街であれば、近所に相続などで困っている人がいるかもしれません。

そのため、できれば受注が見込めそうな、業務内容を絞ったチラシなどを数種類用意し、テストマーケティングとして配布してみましょう。

自分の事務所の周辺には、どのようなニーズがあるのかを探ることから始めてみるのです。

灯台下暗しにならないよう、近いというアドバンテージを最大限生かすことも検討してみてください。