知識不足は素直さと誠意でカバーする

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士が行える業務分野というのは、非常に多岐にわたります。

ですから、すべての分野の知識をカバーしようとするのは、ほぼ不可能です。

少なくとも私は、すべての分野で実践的な知識があるという行政書士に会ったことはありません。

では、自分が知らないことを顧客から質問された場合に、どのような対応をとるべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

まず知らないことは知らないと素直に認める

専門家なのだから知らないことがあってはならない、といった心構えはとても立派です。また、それが理想なのでしょうが、現実的にはとても無理です。

まして、実務経験も乏しい新人行政書士が、すべての分野に精通しているということはあり得ません。

ですから、仮に自分の知らないことを顧客から聞かれたとしても、知らなければ『知らない』と素直に答えればよいのです。

そこで注意しなければならないのは、変に知ったかぶりをしたり、話をそらしてしまったりすることです。

例えば、『たぶん○○だと思います』という表現は当然NGです。質問の答えに自信があるのであれば、『○○です』ときっぱり答えるはずです。

こうした点は、少し言葉遣いに敏感な人が相手の場合、その場を取り繕っていることはすぐに見抜かれてしまいます。

まず、知らないことは『知らない』と素直に認めることが大切です。

ただ知らないと答えるだけでは意味がありません

もちろん、素直に知らないと答えるだけで終わってしまっては、プロとして何の意味もありません。

冒頭で述べた通り、行政書士の業務分野は多岐にわたりますので、知識不足というのはあって当たり前です。まずは勉強不足であることを素直に認め、頭を下げましょう。

さらに、すぐ内容を調べ、後日改めて連絡する旨を伝えて、それをきちんと実行すれば、逆に責任感があると思われて評価を高めることにもつながります。

行政書士というプロであっても、知らないことがあって当たり前なのです。知識不足は決して恥ではありません。

むしろ、改めて知らせるような機会があれば、そこでまた顧客との接点が増えることにもなりますので、営業的にもプラスになります。

顧客から知らないことを聞かれても、変に自信のない態度をするのではなく、慌てず落ち着いて対応すれば何の問題ありません。

決してその場を取り繕うような対応をせず、素直な気持ちで顧客と接するようにしましょう。