人生経験を行政書士の業務に生かす

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の業務というのは非常に幅広く、これから仕事を行っていく上での選択肢の多さがメリットとなります。

しかし、逆に業務範囲があまりに広すぎるため、どの業務や分野に絞っていけばよいのか決めにくいというデメリットも併せ持っています。

行政書士業務は、試験のために勉強した知識だけでは、なかなか自信をもって取り組むことができません。

そこで大きな助けになるのは、これまでの人生で得てきた経験や知識です。

スポンサーリンク

前職の知識や経験を行政書士業務に最大限生かす

先述の通り、行政書士の仕事は非常に業務範囲が広く、開業当初はどの業務や分野に的を絞っていいのか決めにくいものです。

しかし、普通の社会生活を営んでいた人であれば、必ず何がしかの人生経験があるはずです。

仕事であれば、営業や経理担当、土木工事や建築などの経験でもかまいません。また、正社員に限らず、様々なアルバイト、パート経験なども貴重な検討材料となります。

これまで、自分が積み重ねてきた人生経験をよく思い出し、自分の知識や経験が行政書士の仕事に何か生かせないかどうか、とにかくイメージを膨らませてみるのです。

過去の経験や知識から業務のアイデアを得る

例えば、過去にラーメン店など飲食店でのアルバイト経験があったら、飲食業として食品安全管理の関係で、何か業務につながるようなアイデアを見つけることができるかもしれません。

また、仕事に限らず、自分の身の回りで相続の手続きやトラブルなどで困ったことが過去にあったとしたら、相続や遺言についての業務にその経験が生かせるかもしれません。

様々な業界で働いたことのある人や人生経験の中に、行政書士業務につながるヒントが必ずあるはずです。こうした経験や知識は、これから業務を行う上で大きなアドバンテージとなります。

もちろん、勇気のある方は、自分がまったく知らない分野に思い切って飛び込んでいくのも悪くはありません。

しかし、少しでも業界の知識や経験がある分野に飛び込む方が、最初から自信をもってお客様と話ができますし、これから業務を行うにあたっても、多少は抵抗なく入ることができるでしょう。

前職や人生経験のアドバンテージを最大限に生かし、メイン業務の可能性を探ってみましょう。