行政書士法をきちんと読み込んでいますか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士は、行政書士法という法律に則って仕事をしています。

ですから、行政書士として仕事をするからには、この行政書士法の読み込みというのは基本中の基本であり、絶対に欠かせません。

しかし、意外とこれをきちんとやっていない行政書士も多いものです。

スポンサーリンク

行政書士法はとても大事な法律です

私たち行政書士にとって、行政書士法をしっかり読み込んでおくというのは、とても重要なことです。

行政書士が業務としてできること、できないことをきちんと理解するためにも、まずは足元の行政書士法をしっかり読み込むようにしましょう。

また、業際問題に絡んでくる司法書士法や税理士法、弁護士法など、関連する法律についても目を通しておくことです。

行政書士の業務範囲はとても広範ですが、法律専門家である以上、くれぐれも法を逸脱するようなことがないよう注意が必要です。

理不尽なクレームにしっかり対処するために

行政書士の仕事をしていると、時に他士業(主に弁護士)から、電話や内容証明といったもので理不尽なクレームが入ることもあります。

そうしたときに、きちんと行政書士法を理解して遵守しているのであれば、そこで慌てずに自信をもって対処することができるようになります。

なお、行政書士登録すると毎月『月刊行政』という冊子が届きますが、毎月のように懲戒などの処分を下された行政書士が掲載されています。

また、悪質なケースであれば、刑事事件として逮捕されてしまうという行政書士も少なくありません。

違法行為というのは確信犯的なものは論外ですが、知らなかった、違法という認識はなかった、では済まされません。

行政書士としての自分を守るためにも、新人行政書士だからこそ、行政書士法をはじめとする法律の読み込みはとても大切なのです。

ちなみに、行政書士法をより詳しく理解するための良書として有名な、行政書士法コンメンタール(新7版)は、行政書士であればバイブルとして必読の書です。まだ読んでいない、という方はぜひ。