開業したら事務所案内を作成しましょう

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の営業ツールというのは多々ありますが、名刺といった基本的なものとともに、自分の事務所がどのような業務を行うのかという資料として、事務所案内というのも有効なツールとなります。

行政書士の業務というのは、残念ながら世の中の人にほとんど認知されていません。

ですから、顧客がわかりやすい具体的な業務内容を伝える手段を考えるというのは、とても重要なことなのです。

スポンサーリンク

できる限り専門性をアピールする

事務所案内の主な役割としては、名刺だけでは伝えられない情報を補完するためです。

すでに詳細な業務内容を記載したホームページを作成している方であっても、業務を依頼する可能性のある顧客が、ホームページをわざわざ参照してくれるとは限りません。

ですから、まずは名刺とともに事務所案内を添付することで、自分の事務所がどのような業務を行っているのかを伝えるということです。

ただし、単に行政書士の業務内容をただ羅列しただけのようなものでは、ほとんど効果が期待できません。

事務所案内の効果を十分に発揮させるには、できる限り専門性を打ち出した内容にすることが重要です。

そうすることで、行政書士として何ができるのかを、より顧客に強くアピールできます。

最初は自分でA4用紙などで作成すれば十分

事務所案内というと、一般の会社案内のような立派なものを想像するかもしれませんが、目的はあくまでも顧客に業務をアピールすることですから、それほど立派なものでなくても構いません。

もちろん、こだわりや予算のある方は、会社案内のような立派なものを外注してもいいでしょう。

しかし、開業当初はそこに予算をかけるよりも、とにかく自分の事務所を広く世の中にアピールことに専念するのが大事ですから、最初はA4用紙などで自作したものでも、まったく問題ありません。

最初からそこに予算をかけなくても、顧客にアピールできる事務所案内というのは、工夫次第で十分作成できます。

立派なものを用意するのは、ある程度仕事が軌道に乗ってからでも遅くはありません。

内容は簡潔かつ伝わりやすいものを

自作で十分とはいっても、肝心の内容がわかりにくければ意味がありません。内容は簡潔かつ伝わりやすいものを作成することが大事です。

例えば、パワーポイントなどを使ってプレゼン風にしてみるとか、図や表などを入れてみるとか、顧客がパッと見てわかりやすい内容にするなど、見せ方を工夫してみるのです。

文字がびっしり書かれているようなものだと、読む側としては疲れてしまいます。

まだ事務所案内を作っていないという新人行政書士の方は、ぜひ今後の営業ツールとして事務所案内というのも活用してみましょう。