試験が簡単だから行政書士は馬鹿にされる?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

よく、行政書士試験は司法試験や司法書士試験、税理士試験に比べて難易度が低いから馬鹿にされる、下にみられるというような話を聞きます。

確かに、行政書士試験というのは、いわゆる士業の中では、比較的簡単な試験であることに間違いはありません。

また、世間一般では、行政書士と司法書士の違いも分かっていない方が大多数で、行政書士の仕事をきちんと理解している方はほとんどいないのも事実です。

では、本当に行政書士というのは、他士業に比べて法律家として劣っているのでしょうか。

スポンサーリンク

資格というのは単なる仕事のツールに過ぎない

まず、行政書士が食えないという話については、まったくの間違いです。

なぜなら、行政書士で食べている、儲かっている人は世の中にたくさんいるからです。単純明快な話ですね。

弁護士だろうと司法書士だろうと行政書士だろうと、商売ができなければ容赦なく市場から淘汰されるのは一緒です。商売の世界では、資格の難易度なんてまったく関係ありません。

資格というのは、単に仕事をするうえでのツールに過ぎません。

ですから、行政書士で食えるのか、他士業に比べて劣っているのでは、という議論自体がナンセンスであり、商売として儲けることができるかどうかは、士業であっても近所の商店であっても変わりはないのです。

試験の難易度と経営者としての能力は違う

どれだけ難しい試験に合格できても、商売ができなければ食べていくことはできません。

つまり、士業に求められるのは経営者としての能力です。

もっと言えば、仮に行政書士で開業して食べていけないのであれば、司法書士になっても弁護士になっても、経営者としての能力がなければ成功することはできないでしょう。

経営者の価値というのは、『どれだけ儲けているか』の一点のみです。そこには、資格の難易度なんてまったく関係ありません。

行政書士も司法書士も弁護士も、経営者としては対等であって、資格で差別されることではないのです。

行政書士の社会的ステータス向上のために

とはいえ、行政書士の社会的ステータスというのは現状、決して高くはありません。

行政書士の社会的ステータスをもっと向上させるためには、経営者としての能力と実務能力を磨き、一人でも多くの行政書士が経営者として成功することです。

ところが、残念ながら行政書士として開業しても儲からない、あるいは廃業してしまう方も少なくないのが実態です。

ただし、これは行政書士に限ったことではありません。他士業であっても同じです。

これから行政書士として開業する方、開業間もない方は、行政書士という資格をツールとして最大限に生かし、経営者として儲けることに注力していきましょう。

肩書に関係なく、商売人は儲けた者勝ちです。