副業行政書士という選択もアリ?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士として登録している人の中には、いわゆる副業行政書士という方も少なからずいます。

ここでいう副業行政書士というのは、他士業との兼業ではなく、一般的なサラリーマンなどとして勤めながら行政書士登録をしている、というケースのことです。

行政書士は、弁護士や社労士などとは異なり、企業内行政書士というのは禁じられています。しかし、サラリーマンとして勤めながら個人で行政書士登録をするのは問題ありません。

では、そういった副業行政書士という選択であっても、行政書士として十分な仕事ができるのでしょうか。

スポンサーリンク

副業行政書士のメリットとデメリット

まず、副業行政書士のメリットとしては、会社からの給与収入がありますので、生活の基盤は維持しやすいという点があります。

専業行政書士とは異なり、サラリーマンとしての安定した収入がありますから、生活に関しては安心できるでしょう。

逆に、デメリットとしては、業務を受注しても平日の日中に動きにくいことや、顧客に対する柔軟な対応がしにくいという点があります。

特に、許認可系の業務というのは、お役所の窓口が空いている平日の日中に動く必要がありますので、そうした点は難しいことも多々あると思います。

デメリットを補う方法を考えてみる

副業行政書士として業務を行うのであれば、まずデメリットとなる点を補うための工夫や仕組みを整えていく必要があるでしょう。

一例としては、数人の行政書士でグループを作り、顧客との打ち合わせや書類の作成、申請代行といった業務を分業する、ということも考えられます。

また、平日の日中に動く必要のない業務を中心に選ぶなど、業務のスタイルにも工夫が求められます。

専業と副業のどちらがよいのか

では結局、どちらの方がよいのかというと、私の個人的な意見としては、行政書士としての業務ができるのであれば、どちらでも構わないと思っています。

要は、自分のライフスタイルであったり、将来的な展望、行政書士として収入を十分に確保できるのかどうか、などといった点を考慮して、それぞれが決めればいいことです。

もっとも、経営者として、商売人として利益をとことん追求するのであれば、経営や営業、業務に携わる時間が十分に確保できる専業行政書士の方が絶対的に有利です。正直、サラリーマンよりも圧倒的に稼げますので。

ただ、専業行政書士で安定というものを求めるのであれば、行政書士も商売である以上、完全な安定というのはまったく保証されていません。ですから、行政書士で安定した生活がしたいという方は、専業にはならない方がいいと思います。

どちらを選択するにしてもメリット、デメリットがあります。自分の状況などをよく検討しながら、どちらのスタイルが自分に適しているのかを考えてから開業しましょう。