価格競争に巻き込まれない経営を目指しましょう

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

モノを売る商売ではない行政書士の仕事というのは、顧客が分かりにくい商売と言えます。

それだけに、どこにどれくらいの手間がかかって、なぜこの料金なのかといった点を顧客に十分説明し、納得してもらう必要があります。

顧客にとって、仕事の内容以上に気になるのが料金です。いくらかかるのかが分からなければ依頼もできないからです。

では、行政書士の仕事に対する料金というのは、どのように考えていけばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

価格競争は自らの身を滅ぼす

行政書士の報酬は、一応の世間相場というものはありますが、基本的にそれぞれの事務所で自由に設定してよいことになっています。

しかし、この料金というのは最初から慎重に検討しないと、後々の経営にまで大きく響いてきます。

どのように料金を設定するのかは自由ですが、経営という観点から考えると、価格競争のダンピング合戦に出るよりも、単価を引き上げて付加価値をつけるという方向にシフトするべきです。

勘違いしている人も多いのですが、例えば、経営に苦しんでいる会社の中で、仕事がなくて困っているところはごく一部です。

多くは、仕事はあって忙しいにもかかわらず儲けが出ず、それでも目の前の支払いのために同じ仕事をし続けなければならないという、いわば負のスパイラルに陥っています。

つまり、倒産する会社というのは、赤字の仕事をし続けた結果なのです。

行政書士の仕事もダンピング合戦になれば、こうした負のスパイラルに巻き込まれていくことになります。

売上よりも利益を重視した経営を

そして、ダンピング合戦で仮に仕事をたくさん受注できたとしても、売上は上がりますが利益は出ません。

利益を上げるには、顧客に対して付加価値を提供し、逆に単価を引き上げることができないか、といった点を追求していかなければなりません。

見かけの売上よりも、利益を重視した経営を目指すべきなのです。

こうした経営感覚を磨くには、案件ごとに精算表をつくり、売上と利益、実際に投入した時間を顧みてみることが大事です。

すると、大きな利益になっていたと思っていた仕事が、実は資料代や交通費などがかかっていて意外に利益になっていなかったり、打ち合わせが何度も必要で、実は時間コストが多くかかっていたりと、自分の感覚と実際にかかっているコストに差があることに気付くことができます。

単に他の事務所がこれくらいでやってるから、というだけで料金設定するのではなく、最初から利益というものを意識して自分の事務所の料金を設定していかないと、忙しくても利益が出ないという経営に陥ってしまう恐れがあります。

経営感覚というのは一朝一夕で身につくものではありませんが、売上よりも利益という点を意識するだけでも大きく違ってきます。

これから開業する方、開業間もない方は、ぜひ経営感覚を磨くということも意識してみてください。