利益にならない分野は切り捨てることも検討する

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士として経験を重ねてくると、自分が動いている割には十分な利益がとれていない、という分野が出てきます。

新人行政書士は来た仕事は何でもやってみることが必要ですが、そうした中で、仕事を取捨選択していくことが重要です。

業務を専門特化していくことで、その分野の知識や経験を積み重ねていくことができますし、効率的な仕事にもつながっていきます。

スポンサーリンク

まずは経験した業務の洗い出しから

様々な業務を行って、ある程度の業務経験を積んでくると、この仕事はどうも手間がかかる割に利益が少ないな、という業務が必ず出てきます。

そうした仕事をリストアップして、まずは業務の洗い出しから始めてみましょう。

私も新人行政書士の頃は、様々な業務を行ってきましたが、そうした経験を踏まえて、現在は業務分野を最小限に絞り込んで営業しています。

それでも、専門外の依頼が来ることがありますが、行政書士の主要業務に関しては十分な人脈があるので、自分の仕事が忙しければ、そうした事務所を紹介するという体制も整えています。

そのためにも、新人行政書士は良い人脈を多く確保することにも力を入れていきましょう。

目先の売上よりも利益を重視する

行政書士の仕事というのは、デスクワークだけで完結するものはほとんどありません。

顧客と何度も打ち合わせを重ねたり、お役所との折衝であったりといった動きをしなければならない仕事もたくさんあります。

そうした時間コストも考慮したうえで、メインの業務を絞り込んでいく必要があります。

新人行政書士のうちは、そうした時間コストよりも、とにかく経験を積むことに専念すべきです。しかし、ある程度の経験を積んできたら、今度は事務所の利益という面を重視することが大切になってきます。

いつまでも何でも屋でいると、確かに売上は多少上がるかもしれませんが、忙しい割には利益になっていない、という負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高くなります。

経営者としては、最小限の動きで、できる限り多くの利益を出していく、という努力が必要です。

切り捨てる分野は慎重に検討しましょう

ある程度の経験を積んできたら、仕事を取捨選択することが重要ということは前述しました。

しかし、よくよく検討していくと、もしかすると、やり方次第では利益がとれるかも、という分野があるかもしれません。

通常の行政書士業務に加えて、何らかの付加価値をつけることで価格を引き上げられないか、こうすればサービスの充実が図れるかもしれない、ということも検討してから決断しましょう。

専門家と名乗るからには、まずは経験と実績を積むことです。そして、経営者として事務所の利益という点も十分に考慮しなければなりません。

個人開業の行政書士は、専門家であり経営者でもあります。そうした意識を常に頭に入れながら仕事をしていきましょう。