行政書士の実務

行政書士は実務に関する情報収集も重要

行政書士の実務を行っていくうえでは、実務に関連する情報収集というのも欠かせません。 法改正や役所からの通達、実務知識を得る情報や他士業の動向など、あらゆる情報の中から実務に役立つ情報をインプットしておく必要があります。これは専門職として当たり前のことでしょう。 重要な情報を知らなかったば...
行政書士事務所運営・経営

サービスの選択肢を用意することで業務を効率化する

行政書士事務所が利益をあげていくためには、業務の効率化は欠かせません。 そこで考えたいのは、サービスの選択肢を用意することで業務の効率化をはかることです。 行政書士業務の中には、時間はかかっても、やろうと思えば頑張って何とか自分でできるものも多数あります。 ですから、専門家に依頼す...
行政書士事務所開業

行政書士事務所を開業したら集客が先?実務知識の勉強が先?

行政書士登録が無事に済めば、その日から行政書士事務所の経営者としてスタートすることになります。 そこで多くの方が悩むのが、仕事を得るために営業や集客から先に取り組むのか、行政書士実務についての勉強が先なのか、といった点かもしれません。 開業してすぐの行政書士は、開業前から地盤がある二世行...
行政書士の実務

実務知識を得る書籍代はケチらない~見込み客からの相談に備える

行政書士事務所を開業して、最初に不安を感じるのは実務の知識不足という点かもしれません。 行政書士として看板を掲げた以上、顧客からすれば新人もベテランも関係ありません。とにかく入ってきた仕事は何でも受けるという態勢は整えておく必要があると思います。 優良な先輩行政書士などの人脈があれば、業...
行政書士の営業

行政書士の営業はアナログ集客とWEB集客のどちらが効果的?

行政書士事務所を開業したら、最初から多くのコネや仕事につながる豊富な人脈を持っている方はともかく、通常は何らかの営業活動を行わなければなりません。 新人行政書士に限らず、行政書士の営業方法というのは様々なものがあります。 新人行政書士がすぐに取り組めるものとしては、チラシやDM、電話帳や...
行政書士事務所開業

新人行政書士向けの開業セミナーを受講する意味はある?

現役の行政書士が講師として行っている新人行政書士を対象にしたセミナーは、あちこちで開催されています。 ちょっと検索すればすぐに分かりますが、新人行政書士がこれから行政書士として活動するために必要となる準備であったり、様々な営業方法であったり、実務に関するものであったり、様々なものが全国津々浦々...
行政書士の営業

新人行政書士も異業種交流会に参加すべき?

現役の行政書士の中には、新人行政書士も異業種交流会には積極的に参加した方がよい、と説いている方もいます。 確かに、異業種交流会というのは、様々なビジネスを行っている優秀な経営者が多数いる可能性が高いので、そういった方と直接交流できることは有意義なことかもしれません。 一度にたくさんの方と...
行政書士の営業

行政書士のWEB集客は地方の方が有利?

行政書士が仕事を獲得する手段は様々ですが、いわゆるWEB集客を考えている方も多いでしょう。 WEBでの集客方法としては、主に特定のキーワードでGoogleなどの検索結果に上位表示させるSEO対策(検索エンジン最適化)といった手法や、リスティング広告(検索エンジンの検索結果に表示される広告)を活...
行政書士事務所運営・経営

一人行政書士事務所なら秘書代行サービスの利用も

行政書士事務所として何らかの営業活動などを行っていれば、事務所へ頻繁に電話がかかってくるようになります。 開業当初から事務処理や電話番をしてくれる事務員さんを雇うことは難しいでしょうから、一人行政書士事務所の場合は、ほとんどが自分で電話応対をするケースが多いでしょう。 通常、行政書士の仕...
行政書士の実務

法務分野をメイン業務にする場合~業際には要注意

行政書士の業務内容は多岐にわたりますが、中でも法務分野(相続や離婚関連など)をメイン業務として考えている方も多いと思います。 ちょっとインターネットで検索すればすぐに分かりますが、相続や離婚関連の業務を行っている行政書士事務所は数えきれないほど存在します。 こうした分野の相談というのは世...
行政書士事務所運営・経営

行政書士の仕事は顧客との信頼関係をつくることが必要

行政書士の仕事というのは、なかなか顧客に見えにくいという側面があります。 ですから、自分がどれくらいの労力をかけて仕事をしているのか、どのような動きをしているのかといったことを顧客に分かってもらうことがまず大事なことです。 それがうまくできていないと、報酬に見合った仕事をしているのかどう...
行政書士の実務

職務上請求書の使用は怖くない~業務の効率化には必須です

行政書士をはじめとする士業は、業務に必要となる範囲で顧客の戸籍や住民票を取得することができます。 この職権で戸籍や住民票を取得するための専用用紙が、『職務上請求書』です。 おそらく新人行政書士の方は、この職務上請求書について単位会や支部から、耳にタコができるくらい使用について注意するよう...
行政書士の営業

紹介案件を増やしていく工夫~労せずして仕事を獲得する手段

行政書士として仕事をしていると、過去の顧客などから紹介案件が持ち込まれることがあります。 紹介案件というのは労せずして仕事になるうえに、『あの人が紹介してくれた行政書士なら』というように、顧客の信用を借りることができるので、まず確実に依頼までつながる、とてもありがたいものです。 実は私の...
行政書士事務所開業

開業にはリスクも伴いますが~なかなか開業に踏み切れない方へ

行政書士試験には合格したものの、なかなか開業に踏み切れない、という方は多いかもしれません。 行政書士として起業することに対して、多かれ少なかれ先行きの心配や不安を抱くのも当然のことです。 私自身は30代で開業しましたが、子どもはいなかったものの、結婚して家族もいました。そんな中であえて起...
行政書士事務所運営・経営

行政書士報酬の未払いを防ぐ~不良債権化させない

行政書士に限らず、何らかの商売を営んでいる方は、例えば売掛金の未払い、行政書士の場合は報酬の未払いといった問題で悩んでいるという話もちらほら聞きます。 行政書士の場合、特に許認可関連で許認可が下りるかどうか分からない仕事については、なかなか前払いで報酬をもらうのが難しいところは確かにあります。...
行政書士の実務

開業してどの分野をメインにしていくのか迷ったら?

開業したばかりの新人行政書士の方と話をしていると、どの業務から仕事にしたらいいのか分からない、といったことをよく耳にします。 行政書士の業務はメジャーなものをピックアップしただけでも、かなりの種類があります。 確かに、経験のない新人行政書士の方が迷うのも無理はないかもしれません。 ...
行政書士事務所運営・経営

電話応対ひとつで受注率も違ってくる~第一印象が大事

行政書士が問い合わせを受ける窓口は様々ありますが、事務所にかかってくる電話というのも多いものです。 開業当初の行政書士は、最初から電話番などの事務員さんなどを雇うことなく、自ら電話を受けて応対することがほとんどだと思います。 そこで重要になってくるのは、最初にかかってくる電話の受け方です...
行政書士の実務

家系図作成は行政書士業務になる?

行政書士が行っている業務やサービスというのは多々ありますが、『家系図作成』といったサービスを行っている行政書士事務所も数多くあります。 中には、この家系図作成を専門に行っている事務所もあり、マスコミにも取り上げられている行政書士もいるくらいですから、世の中のニーズはとても高いと考えられます。 ...
行政書士事務所開業

行政書士事務所の経営は開業からどれくらいで軌道に乗る?

これから行政書士事務所の経営を考えている方にとって、やはり心配なことのひとつとして、『経営が軌道に乗るまでどれくらいかかるのか』という点もあるでしょう。 ただ、この点について明確な答えはありません。 なぜなら、開業当初から多くの仕事を獲得している人もいれば、試行錯誤しながら開業して数年経...
行政書士の営業

業務を受注できる確率が高い問い合わせ窓口は?

顧客からの問い合わせを受ける窓口というのは、電話やメール、ホームページに設置しているメールフォームなど、いくつかの導線が考えられます。 行政書士として何らかの広告宣伝や営業活動をしていれば、こうした窓口から顧客の問い合わせが入ってくるはずです。 顧客が事務所にアクセスする手段というのは、...