行政書士の営業・集客

行政書士がWEB集客するために必要なSEO対策とは?

行政書士で開業してWEBサイトを公開していると、とにかく様々な業者から営業電話が入ってくるようになります。 いわゆるSEO対策業者というのも多いですね。 そもそも、SEO対策を商売にしているなら、自社もそのノウハウでバンバン集客すればいいのに、わざわざ電話営業してくるというのも変な話です...
行政書士の実務

行政書士なら必ず押さえておくべき法律は?~実務上でも重要です

行政書士をはじめ士業は、様々な法律に則って仕事をしています。 自分がメインに据えている業務に関する法律はもちろんですが、行政書士であれば必ず読み込んでおかなければならない法律は多々あります。 専門職を名乗る以上は当たり前のことですよね。 その中でも、これだけは最低限押さえておきたい...
行政書士事務所開業

開業したら地域の先輩行政書士事務所への挨拶回りは必要?

私の事務所にも、支部内で登録したばかりの新人行政書士の方がよく挨拶に来られます。 こちらも挨拶に来られて迷惑なことはありませんし、むしろ律儀に挨拶回りをしていることに感心してしまいます。 中には手土産まで持参して来られる方もいますね。きっと相当に気合を入れて開業されたのだと思います。 ...
行政書士の営業・集客

アナログ営業は知識と人脈をフル活用~売り込みは厳禁?

業種を問わず、アナログ営業が上手な人というのは仕事もデキます。 例えば、私の知り合いに保険屋さんの営業マンがいるのですが、とにかく見込み客と接触できる場所を探し出すのが本当にうまいです。 コミュニケーション能力もずば抜けて高いので、すぐに見込み客との距離を縮められますし、まったく売り込み...
行政書士の実務

成約率を上げるためには面談スキルの向上が不可欠

新人行政書士でも、しっかり見込み客を集客して面談するところまではできている方が多いのですが、なかなか業務の成約までつながらないという悩みもよく耳にします。 実務経験を積む必要がある新人行政書士は、一件でも多く成約して仕事につなげたいところです。 私自身は、とにかく事務所まで見込み客を誘導...
行政書士事務所開業

社会人経験なしでも行政書士として仕事はできる?

行政書士法では、未成年者でなければ行政書士登録ができるとされています。また、行政書士試験を受験するにあたっては年齢や学歴の制限がありません。 つまり、社会人経験がなくても未成年者でなければ、行政書士になることは可能です。 例えば、大学生で社会人経験がまったくなくても、行政書士試験に合格し...
行政書士の実務

作成した書類のチェックは念入りに~いつも完璧はあり得ないと心得る

行政書士は言うまでもなく書類作成のプロです。当然、間違いのない書類を作成することが求められます。 ただ、プロである行政書士も人間ですから、残念ながら『うっかりミス』というのはどうしても付き物です。特に誤字脱字、押印漏れなどは出てきてしまうことがあります。 もちろん、作成した書類は何度もチ...
行政書士事務所運営・経営

既存顧客へのコンタクトは定期的に~リピーターの獲得を

マーケティングの常識として、新規の顧客を獲得するのは、既存の顧客にサービスをリピートしてもらうよりコストも労力もかかります。 ですから、新規顧客を獲得することと並行して、既存顧客へのアフターフォローを定期的に行っていき、サービスをリピートしてもらうことも事務所経営としては大事なことです。 ...
行政書士の営業・集客

集客は『時間をお金で買う』感覚を身につけることが大事

行政書士が見込み客を確保するためには、とにかく集客できなければ話になりません。 事業として経営を成り立たせるためには、継続的に集客をし続けてコンスタントに仕事をとり続けていく必要があるのです。 開業して失敗するパターンというのは様々ですが、多くは結果として仕事をとっていくことができなかっ...
行政書士事務所開業

行政書士になって何を目指す?~目的意識を明確にすることも大切

行政書士になる目的やきっかけというのは、人それぞれだと思います。 『士業になりたかったから』『会社員でコキ使われるのが嫌』『満員電車はもううんざり』『漫画やドラマを見て』などなど。 ちなみに私が行政書士になったのは、もう満員電車で通勤するのが嫌になったから、という単純な理由です。これがあ...
行政書士の実務

相談業務で満足度を向上させる~そこで解決させるくらいの気構えで

有料・無料を問わず、行政書士の仕事というのは、問い合わせを受けて見込み客が事務所に訪れ、あるいは見込み客のところにに出向くといったことから始まります。 まずは見込み客の要望であったり、どのような手続きが必要なのかといったことをヒアリングし、何らかの解決方法やサービスの提案を行うことが一般的です...
行政書士事務所運営・経営

儲けてる行政書士は数多くいる~ただ表に出てこないだけ

行政書士といえば、仕事がない、稼げない、食えない、などなど、特にネット上なんかでは、とにかくネガティブな情報がまん延しています。 私としては別に何も気にしないのですが、これから開業する方や開業したばかりの方は、多少なりとも不安に思っているかもしれません。ほんとにネガティブな情報ばっかりですから...
行政書士の実務

行政書士の業務範囲は広いのが強み~法改正をモノにするには

行政書士の仕事はとても広範です。そして業務に関連する法改正も頻繁に行われています。 そこでよく言われるのは『法改正のタイミングを狙うのがよい』というものです。 確かに、法改正のタイミングというのは、行政書士にとってビジネスチャンスになることが多々あります。 しかし、新人行政書士の方...
行政書士事務所開業

行政書士で開業するのは簡単~稼ぐ行政書士側になるなら話は別

行政書士試験に挑戦した方の目的は様々でしょう。 単なる自己啓発のためだったり、履歴書に行政書士資格保有なんて書きたかったり(転職で有利になるかはどうかは分かりませんが)、ダブルライセンスや他士業の資格をとるための練習台だったりなど。 そして独立開業するための目的で取得した方も少なからずい...
行政書士の営業・集客

行政書士の集客は辛抱も必要~簡単に投げ出さない

行政書士が集客や経営をしていくうえでは、ときに『辛抱』というのも必要です。 経営者として成功する要素というのは様々ありますが、集客の仕組みを構築して仕事をしっかりとっていくことであり、そこに至るまでのプロセスでは、やはり辛抱強く継続できるかというのも重要なことです。 アナログ集客にしても...
行政書士事務所開業

行政書士は事務所を借りやすい~信用度が結構あります

資金的な都合で自宅事務所にしている方も、いずれは事務所を借りる方向で考えた方がメリットが大きいものです。 やはり自宅事務所よりも、専用の事務所の方が訪れる相談者などの印象に影響してきますし、仕事にも集中することができます。 もちろん、事務所の家賃というのは毎月かかる固定費なので、ある程度...
行政書士の実務

内容証明郵便の仕事はメイン業務にできる?~単価と件数で考慮

行政書士のポピュラーな業務の中に、『内容証明郵便』の作成というものがあります。 内容証明郵便は、行政書士法で規定されている権利義務または事実証明に関する書類として、行政書士が業として作成することができます。 内容証明郵便の作成は結構需要が高いので、新人行政書士の中にも、すでに依頼を受けて...
行政書士の実務

相談者を顧客にできる人とできない人の差は?

同業者の行政書士や他士業の方と話をしていると、『相談者はそこそこ集まるのに、なかなか仕事にならない』といったことをよく耳にします。 一方で、『とにかく事務所まで来てもらえば仕事にできる』という方もいます。 私自身は後者です。相談業務を基本的に有料で行っているということもありますが、事務所...
行政書士事務所運営・経営

完全下請け体制に依存するのは危険~仕事は自分で獲得する

行政書士事務所の中には、特定の一社から、あるいは他の行政書士事務所や他士業などからの、いわゆる『下請け』を中心に請け負っているところもあります。 下請けというのは、いわば労せずして同じような仕事が大量に入ってくる『おいしい』仕組みのように見えます。そして、おそらく売上は確実に伸びます。 ...
行政書士事務所開業

行政書士の開業準備中という名刺は必要?

行政書士登録申請をしてから事務所調査でNGが出なければ、登録式の日から行政書士としての活動ができるようになります。 登録申請をした日からしばらくは、開業準備期間ということになります。 私は支部の理事職にも就いているので、行政書士登録申請をしたばかりの方と『開業準備中』といった名刺交換をす...