junichi-suzuki

行政書士事務所開業

行政書士事務所の経営は開業からどれくらいで軌道に乗る?

これから行政書士事務所の経営を考えている方にとって、やはり心配なことのひとつとして、『経営が軌道に乗るまでどれくらいかかるのか』という点もあるでしょう。 ただ、この点について明確な答えはありません。 なぜなら、開業当初から多くの仕事を獲得している人もいれば、試行錯誤しながら開業して数年経...
行政書士の営業

業務を受注できる確率が高い問い合わせ窓口は?

顧客からの問い合わせを受ける窓口というのは、電話やメール、ホームページに設置しているメールフォームなど、いくつかの導線が考えられます。 行政書士として何らかの広告宣伝をしていれば、こうした窓口から顧客の問い合わせが入ってくるはずです。 顧客が事務所にアクセスする手段というのは、扱う業務内...
行政書士の実務

行政書士が顧客に言ってはならないこと~自分の身は自分で守る

行政書士に限らずですが、ホームページなどの広告媒体で『絶対』『必ず』といったニュアンスのうたい文句を掲げて集客しているケースを時々見聞きします。 顧客への営業時や相談業務の中でも、こうしたニュアンスの言葉を使ってでも何とか受注につなげたい、という方も中にはいます。 確かに、例えば行政書士...
行政書士事務所運営・経営

行政書士は儲かる仕事なのか?~資格依存の考え方は捨てる

『行政書士は儲かりますか?』と色々な方に聞かれる機会があります。 そういった質問での私の答えはただ一つ、『人によります』です。 そうとしか答えられませんので。もううんざりするくらいです。 行政書士の中にも、儲かっている事務所と閑古鳥が鳴いている事務所があります。また、行政書士という...
行政書士事務所開業

行政書士事務所を開業するにあたって最低限必要なものは?

行政書士で開業し、仕事を行っていくにあたっては、開業当初から事務所に備えておかなければならない備品などがあります。 事務所というからには、やはりそれなりの見栄えというのも重要です。 行政書士も法律専門職ですから、来客時などに恥ずかしくない程度のもの、守秘義務を考慮した備品などは最初から備...
行政書士事務所運営・経営

行政書士で稼ぐ方法~利益を出す経営が重要

行政書士として独立開業したからには、肩書だけが欲しい方は別として、稼げる行政書士になりたいと考える人が大半だと思います。 今の時代、行政書士に限らず、どの士業も看板を掲げてただ事務所で待っていても、仕事が勝手にやってくるわけではありません。 開業したら、とにかく一人でも多くの人に事務所の...
行政書士の実務

行政書士のメイン業務の決め方は?

行政書士業務の種類は数えきれないほどあります。ですから将来的には、その中から自分のメイン業務を選択して専門特化していく、というのが現実的な経営手法になります。 開業当初は、とにかく来た仕事は何でもやってみることが重要ですが、いつまでも何でも屋でいると、効率的な営業や業務を行うことができません。...
行政書士の営業

行政書士の営業方法~人脈をつくる営業のやり方

開業したばかりの行政書士事務所というのは、当然のことながらその存在はまったく世の中に知られていません。 ですから、何らかの営業活動を行い、まずは自分の事務所の存在であったり、業務内容などを広く知ってもらう必要があります。 新人行政書士が最初に業務を獲得するには、まず自分の持っているあらゆ...
行政書士の実務

行政書士のニッチ業務分野~探すのではなく作り出す

行政書士業務には、建設業許可申請などのメジャーなものをはじめ、様々な種類があります。 一説には、行政書士が行える業務は数千から一万種類とも言われています。 もちろん、そうした業務をすべて網羅して仕事をするのは現実的ではありあせんし、まず不可能に近いと思います。 ほとんどの行政書士は...
行政書士事務所開業

行政書士の開業本は読んでおいた方がいい?

行政書士に関する書籍は専門書などもたくさん出版されていますが、いわゆる開業本と言われるものも多数出版されています。 Amazonなどで検索すれば多数の書籍が出てきますし、書店にもそうした書籍が並んでいるのを目にしたことがある方が多いかもしれません。 そうした書籍は、現役の行政書士が著者で...
行政書士の実務

新人行政書士は実務経験なしでも仕事ができるのか

これから行政書士で開業を考えている方や、登録したばかりの新人行政書士の中には、果たして実務経験なしで仕事がやっていけるのか、といった不安を抱いている方がいるかもしれません。 そこで、行政書士事務所で補助者やアルバイトとして、あるいは大きな事務所に入って実務経験を積んでから独立開業した方がいいの...
行政書士事務所開業

行政書士の仕事はこれからなくなっていく?

昨今は行政手続きであったり、許認可申請なども簡素化されてきている傾向があり、分野によっては誰でも簡単に手続きなどが行えるようになったことは確かです。 わざわざお金を払って行政書士に手続きを依頼する、といったことが、将来的になくなる時代が来る可能性は完全に否定はできません。 ただ、それが1...
行政書士事務所運営・経営

行政書士は絶対に安さをウリにしてはいけません

『安い』『〇〇円で』などといったキャッチフレーズで広告宣伝している行政書士事務所を、特にインターネット上などではよく見かけます。 それでも中長期的にも利益が十分とれるという戦略があればまだよいですが、ただ仕事を得たいがために安さを強調して集客しているケースが圧倒的に多いでしょう。 行政書...
行政書士の実務

行政書士で開業前に実務講座や開業準備講座を受ける必要はある?

行政書士試験を受験するにあたって、資格予備校などに通っていた、あるいは通信講座などを利用していた方も多いと思います。 こうした資格予備校の中には、合格後の開業準備として、各種の実務講座や開業準備講座といったものを開講しているところもあります。 確かに、行政書士として開業するにあたって、実...
行政書士事務所運営・経営

モバイル環境を充実させて仕事効率をアップする

行政書士は一日中ずっと事務所で仕事をしているわけではありません。 様々な書類の取得や提出、時には多くの時間を費やして、遠方に外出したりすることも多々あります。むしろ事務所にいるよりも、外出している時間の方が多いかもしれません。 そこで時間を無駄なく使い、仕事の効率をより高めるためにも、や...
行政書士の実務

特定行政書士とは~実務に活かすことができるか

平成27年から『特定行政書士』という資格制度が始まっています。 この特定行政書士となるためには、日本行政書士会連合会が実施する研修を受けたうえで、考査(試験)に合格することが条件になっています。 行政書士法には、特定行政書士の行える業務を次のように規定しています。 行政書士法第一条の三...
行政書士事務所運営・経営

行政書士報酬額の決め方は?~利益をしっかり出すために

行政書士に限らず、商売においては料金(報酬額)設定という点は、事務所経営を左右するほど重要なところです。 特に、行政書士の業務というのは広範囲にわたりますので、新人行政書士はここで頭を悩ませている方が多いかもしれません。 行政書士の報酬額というのは、基本的に事務所ごとに自由に決めることが...
行政書士事務所開業

行政書士事務所を開業したら税務署に開業届を提出しましょう

行政書士として個人開業すると、毎年の確定申告が必要となります。 そして、それに先立って提出しなければならかいのが、個人事業の開業届です。 提出先は事務所所在地を管轄する税務署です。 個人事業主の場合、登記などは必要ありませんが、行政書士事務所を個人開業するにあたっては、これを必ず提...
行政書士事務所運営・経営

報酬額の見積もりは迅速かつ正確に出すこと

顧客が行政書士に業務を依頼するにあたっては、やはり業務報酬額がいくらなのかという点が一番気になるところです。 すでに多くの業務を経験してきていれば、必要な業務の動きがすでに十分頭に入っているので、その場で正確な見積もりを出すことも可能だと思います。 しかし、まだ実績の少ない新人行政書士の...
行政書士の実務

大きな仕事では業務フロー表を作成する

行政書士の業務には様々な種類がありますが、特に単価の高い、大きな仕事というのも多々あります。 価格が高い仕事ということは、それだけ手間も時間もかかるということです。 そこで重要になってくるのは、どのような流れで動けばいかに効率がよいのか、実際にどれくらいの時間コストが必要なのか、といった...