行政書士の実務カテゴリーのコンテンツ一覧

行政書士の実務

行政書士が業務に着手する前にしておくべきこと

行政書士の仕事というのは、一般の人には分かりにくいものです。 また、顧客からは自分の仕事内容が見えにくい面もあります。 ですから、仕事を依頼されて業務に着手する前に、顧客に対して十分な説明と理解を得ておくことや、きちんと報酬が支払われるようにすることが肝心になってきます。 これを怠...
行政書士の実務

知識不足は素直さと誠意でカバーする

行政書士が行える業務分野というのは、非常に多岐にわたります。いわゆるメジャーな分野と言われている業務だけでも相当な数です。 ですから、すべての分野の知識を完璧にカバーしようとするのはまず不可能ですし、現実的ではありません。 少なくとも私は、すべての行政書士の業務分野の知識を完璧に知ってい...
行政書士の実務

需要の多い行政書士業務の分野~行政書士の定番業務

行政書士の業務範囲は多岐にわたります。 弁護士であれば訴訟や法律相談、司法書士ならば登記関係の業務、税理士ならば税務関係の業務など、具体的な業務範囲があります。 しかし、行政書士の場合はこれら他士業とは異なり、具体的に何をやるのかが決まっておらず、業務範囲も定まっていません。 一方...
行政書士の実務

専門分野を決めるのは実績を積んでから

行政書士の仕事は非常に幅広いので、多くの行政書士事務所は得意な専門分野を掲げて業務を行っています。 行政書士業務のほとんどは、残念ながら世の中にまったくと言っていいほど認知されていません。 そのため、自分の専門分野を前面に押し出し、どのようなサービスが提供できるのかを明確にしておいた方が...
行政書士の実務

安定収入への近道は顧客と長く付き合える業務を選ぶこと

行政書士業務の多くは、その性質上、どうしても単発・スポット的なものが多くなります。 つまり、一つの案件を処理し終えてしまうと、普通はそこで顧客との接点がぷっつり切れるということです。 もっとも、顧客に自分の仕事が評価されて、次の仕事を頼まれたり他の顧客を紹介してもらえるという可能性はあり...
行政書士の実務

行政書士業務のジャンルは大きく2つ

行政書士の業務範囲はとても広く、どのような仕事が現実的にあるのか、今ひとつ分かりにくい面があります。 業務範囲が広いことはメリットにもなるのですが、逆に、行政書士の仕事を一般の人が理解しにくいというデメリットも併せ持っています。 では、行政書士は実際にどのような業務があるのでしょうか。 ...
行政書士の実務

人生経験を行政書士の業務に活かす~経験を無駄にしない

行政書士の業務というのは非常に幅広く、これから仕事を行っていく上での選択肢の多さがメリットとなります。 しかし、逆に業務範囲があまりに広すぎるため、どの業務や分野に絞っていけばよいのか決めにくいというデメリットも併せ持っています。 行政書士業務は、試験のために勉強した知識だけでは、なかな...
行政書士の実務

細かい行政書士実務の知識は仕事をやりながら習得する

行政書士として開業すれば分かりますが、行政書士試験の勉強で学んだ知識というのは、一見実務とかけ離れているように感じるかもしれません。 しかし、扱う業務にもよりますが、行政書士の実務の中で行政書士試験の勉強で学んだことを活かせる場面というのは結構あります。 行政書士試験で学んだ知識が活かせ...