行政書士事務所開業カテゴリーのコンテンツ一覧

行政書士事務所開業

開業前に行政書士の補助者実務経験は必要か

行政書士は、行政書士登録を済ませて事務所調査を経れば、晴れて行政書士事務所として仕事ができるようになります。 しかし、これから行政書士登録をするにあたって、何の実務経験もなくて起業しても大丈夫だろうか、という心配をしている方も多いでしょう。 具体的には、開業前に行政書士の補助者やアルバイ...
行政書士事務所開業

行政書士が自宅開業するメリットとデメリットは?

開業当初から事務所を借りるとなると、敷金や礼金(場合によっては保証金)、当面の家賃なども確保しておかなければなりません。 開業資金が潤沢にあるのであれば、最初から事務所を借りることはできるでしょう。 そのため、開業当初からできるだけ家賃や光熱費などの固定費をかけないよう、自宅事務所を選択...
行政書士事務所開業

地域に行政書士業務の需要があるかをリサーチする

行政書士も商売ですから、マーケティングの基礎となるエリア特性の調査というのは非常に重要です。リサーチは商売を営むうえで基本中の基本です。 そこに需要がないものを業務として掲げていてもまったく意味がありませんし、仕事を獲得することはできません。 競合する同業者であったり、他士業のリサーチと...
行政書士事務所開業

行政書士事務所開業の費用・資金について

行政書士事務所を開業するにあたっては、最低限、行政書士会への登録費用、オフィス家具(鍵付きの書庫)、電話やインターネット設備、パソコンなどが必要となります。 せっかく独立開業したのですから、やっぱり事務所は事務所らしい環境にしたいものです。 事務所に来所する顧客の印象もだいぶ違ってくるで...
行政書士事務所開業

行政書士会への登録申請について~行政書士への第一歩

行政書士を名乗るためには、都道府県の行政書士会を通じて申請書を提出し、日本行政書士会連合会に登録されなければなりません。 登録に必要な書類は、各行政書士会により若干異なります。 登録申請の詳細については、各都道府県の行政書士会に問い合わせてみるか、行政書士会のホームページを参照してみまし...
行政書士事務所開業

新人行政書士でも新規業務は残されているのか

全国の行政書士登録者数は、約45,000人余りです。かなり多いですね。 こうした数字だけを見ると、既存のベテラン行政書士が幅を利かせていて、とても新人行政書士が入り込む余地はないようにも感じます。 しかし、登録して間もない新人の方であっても、既存の行政書士が扱う業務分野へ参入するチャンス...