行政書士事務所運営・経営カテゴリーのコンテンツ一覧

事務所運営についてのコンテンツ一覧です。

行政書士事務所運営・経営

行政書士は儲かる仕事なのか?~資格依存の考え方は捨てる

『行政書士は儲かりますか?』と色々な方に聞かれる機会があります。 そういった質問での私の答えはただ一つ、『人によります』です。 そうとしか答えられませんので。もううんざりするくらいです。 行政書士の中にも、儲かっている事務所と閑古鳥が鳴いている事務所があります。また、行政書士という...
行政書士事務所運営・経営

行政書士で稼ぐ方法~利益を出す経営が重要

行政書士として独立開業したからには、肩書だけが欲しい方は別として、稼げる行政書士になりたいと考える人が大半だと思います。 今の時代、行政書士に限らず、どの士業も看板を掲げてただ事務所で待っていても、仕事が勝手にやってくるわけではありません。 開業したら、とにかく一人でも多くの人に事務所の...
行政書士事務所運営・経営

行政書士は絶対に安さをウリにしてはいけません

『安い』『〇〇円で』などといったキャッチフレーズで広告宣伝している行政書士事務所を、特にインターネット上などではよく見かけます。 それでも中長期的にも利益が十分とれるという戦略があればまだよいですが、ただ仕事を得たいがために安さを強調して集客しているケースが圧倒的に多いでしょう。 行政書...
行政書士事務所運営・経営

モバイル環境を充実させて仕事効率をアップする

行政書士は一日中ずっと事務所で仕事をしているわけではありません。 様々な書類の取得や提出、時には多くの時間を費やして、遠方に外出したりすることも多々あります。むしろ事務所にいるよりも、外出している時間の方が多いかもしれません。 そこで時間を無駄なく使い、仕事の効率をより高めるためにも、や...
行政書士事務所運営・経営

行政書士報酬額の決め方は?~利益をしっかり出すために

行政書士に限らず、商売においては料金(報酬額)設定という点は、事務所経営を左右するほど重要なところです。 特に、行政書士の業務というのは広範囲にわたりますので、新人行政書士はここで頭を悩ませている方が多いかもしれません。 行政書士の報酬額というのは、基本的に事務所ごとに自由に決めることが...
行政書士事務所運営・経営

報酬額の見積もりは迅速かつ正確に出すこと

顧客が行政書士に業務を依頼するにあたっては、やはり業務報酬額がいくらなのかという点が一番気になるところです。 すでに多くの業務を経験してきていれば、必要な業務の動きがすでに十分頭に入っているので、その場で正確な見積もりを出すことも可能だと思います。 しかし、まだ実績の少ない新人行政書士の...
行政書士事務所運営・経営

行政書士の戦略なき無料相談は時間の無駄です

行政書士に限らず、最近では弁護士など他士業でも『無料相談』を前面に打ち出して集客を行っているケースが多々みられます。 無料相談というのは一見、敷居の高い士業の事務所へ足を運んでもらう手段として、有効にみえるかもしれません。 しかし、明確な目的と戦略がなく、単に『他の事務所も無料だから』と...
行政書士事務所運営・経営

費用対効果を考えて広告宣伝費を使う

自分の事務所を多くの人にアピールするためには、各種の広告を使うというのも手段のひとつです。 業務範囲の広い行政書士の場合、メインに据える業務の顧客層に広く届く方法を考え、効果的な宣伝広告を行っていく必要があります。 広告媒体というのはいくつもありますが、ターゲットとなる顧客に対してピンポ...
行政書士事務所運営・経営

売上500万円の書類作成職人か1億円の経営者か

一口に行政書士事務所といっても、その規模や仕事内容は様々です。 行政書士一人ですべての仕事をこなしている人もいれば、補助者や従業員を数多く抱えている大きな事務所、様々な士業も在籍しているような行政書士法人もあります。 自分が行政書士としてどのような仕事をしたいのか、将来的にはどのような事...
行政書士事務所運営・経営

成功している行政書士の共通点は

行政書士としての成功という尺度は人それぞれです。 ただ、経営者として独立開業するからには、少なくとも自分の年齢と同じくらいの、一般的なサラリーマンより稼いでいれば、新人行政書士としてはひとまず成功しているといえるかもしれません。 そして、開業当初から成功している行政書士には様々な共通点が...
行政書士事務所運営・経営

セミナーや勉強会依存になっていませんか?

行政書士向けのセミナーや勉強会というのは有料無料問わず、少し調べてみればいくらでも出てきます。 こうしたセミナーや勉強会というのは、自らの意識を高めたり、経営や営業のヒントが見つかることもあるので、積極的に参加すること自体は意味があると思います。 また、自分が新規に参入しようとしている分...
行政書士事務所運営・経営

利益にならない分野は切り捨てることも検討する

行政書士として経験を重ねてくると、自分が動いている割には十分な利益がとれていない、という分野が出てきます。 新人行政書士は来た仕事は何でもやってみることが必要ですが、そうした中で、仕事を取捨選択していくことも経営判断として重要です。 つまり、業務を徐々に専門特化して仕事の効率を上げるとい...
行政書士事務所運営・経営

行政書士業務に縛られすぎていませんか?

行政書士の仕事というのは、基本的に書類の作成や手続き、提出代行であったり、業種によっては各種のコンサルティングといった業務もあります。 行政書士としての資格で行える仕事は非常に多いのですが、行政書士業務を入口として、さらに顧客に対するサービスを追及できないか、という視点をもつことも、経営者とし...
行政書士事務所運営・経営

行政書士は他力を使うことも必要です

行政書士は一般的なサラリーマンと違い、営業から業務の受注、書類の作成や手続き、役所や他士業との折衝など、一つの仕事を完結させるために一人で様々な動きをしなければなりません。 そこで問題となってくるのは、自分一人で抱えることのできる仕事量は限られる、という点です。 業務を多数抱えていると、...
行政書士事務所運営・経営

今の行政書士に『パソコンが苦手』は通用しない?

一般的な企業ではもちろんのこと、行政書士事務所の業務においても、今やパソコンは必需品です。 各種書類の作成や電子申請、ホームページやブログの運営など、今や行政書士業務にパソコンでの作業は絶対に欠かせません。 もっとも、パソコンを使うよりもすべて自分で書いた方が早い、という方は別ですが、少...
行政書士事務所運営・経営

行政書士としての成功は実務能力だけでは実現しません

行政書士としての成功の尺度というのは人それぞれですが、少なくとも一般的なサラリーマン以上の収入を得ていれば、とりあえず個人開業の行政書士としては成功と言えるかもしれません。 しかし、残念ながらその水準までにすら達しない行政書士が多いのも事実です。 行政書士も経営者ですから、経営に成功する...
行政書士事務所運営・経営

領収証の管理方法について~確定申告で苦労しないために

行政書士として個人開業した場合、毎年確定申告をすることになります。 そして、確定申告書を作成するにあたって、最も重要なのが経費処理のための領収証の管理です。 領収証については、確定申告の際に提出は不要ですが、申告内容に不備や不明確な点があったようなとき、場合によっては税務署に提示を求めら...
行政書士事務所運営・経営

社会貢献を考えるのは自分が儲かるようになってから

行政書士の仕事というのは、ある意味、社会貢献という側面があることは確かです。そうした高い志をもって行政書士になった、なろうとしている方もたくさんいるでしょう。 建前上、行政と市民の橋渡しというのが行政書士の主な業務と言われています。 しかし、行政書士も商売ですから、常に社会貢献ばかりに目...
行政書士事務所運営・経営

行政書士事務所も効率化を追求しなければなりません

開業当初というのは、とにかく仕事をとるために活動しなければなりませんが、仕事がある程度軌道に乗ってくると、必ずある壁に突き当たります。 多くの行政書士は、最初から補助者や従業員を雇えるわけではありません。 ですから、当面は一人で行政書士業務はもちろん、事務所運営のすべてをこなしていくこと...
行政書士事務所運営・経営

行政書士業務を専門特化する意味~真の専門家となるために

行政書士の仕事はとても多岐にわたるため、すべての業務を完璧にマスターすることはまず困難です。 少なくとも私は、すべての行政書士業務に精通している、完璧にこなせる、という方にお会いしたことはありません。 ですから、入り口は狭くなりますが、業務を専門特化することで顧客が分かりやすいよう専門性...