人脈営業・紹介案件を行う際の注意点は?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業・集客

新人行政書士が最初の1件を獲得するには、闇雲に営業するよりも、まず知人や友人などの紹介から仕事をもらうというのが効率的です。

普通に社会生活を営んでいる方であれば、何らかの人脈があるでしょう。

まだ実績も信用もない開業当初の行政書士にとって、そうした人脈からの紹介というのは実績や信用を築くいいチャンスとなります。

しかし、このような人脈を使った営業には、大事な注意点もあります。

信頼関係が築けていない人からの紹介は要注意

行政書士の業務というのはその性質上、どうしても単発・スポット的なものが多くなります。そのため、できるだけ人脈を広げておき、紹介元を多く確保しておくことも大切なのです。

開業当初は、とにかく初めて会った人には必ず名刺を渡すくらいの意気込みが必要であり、そうしたつながりは多くあればあるほど有利です。

あくまでも信用を借りていることに注意する

ただ、こうした人脈からの紹介では、実績も信用もまだない新人行政書士は、紹介してもらう人の信用をそのまま借りることになります。

つまり、もし紹介してもらう人の信用度が著しく低いような場合は、それがそのまま自分への信用度となり、いきなり不信感をもって対応されるということも十分考えられるのです。

ですから、紹介をもらう前提条件として、紹介してくれる相手と自分との間に十分な信頼関係あることが重要になってきます。

単にどこかで名刺交換をしただけで、まだ信頼関係が十分に築けていないような相手から紹介を得るというのは、そうしたリスクも伴うことに注意しましょう。

人脈営業の利点を最大限生かすには

友人や知人と十分な信頼関係があるのであれば、こうした人からの紹介というのはとても心強いものです。

信頼できる友人や知人に顧客を紹介してもらうメリットは、まず確実に話を聞いてもらえることはもちろん、顧客の情報をあらかじめ知ることができる点にあります。

そのため、ある程度の準備をした上で話ができるので、結果として成約率もアップするということになります。

また、顧客の側からしても、自分の情報があらかじめ伝わっていた方が、初対面の印象も違ってくるでしょうし、その点で有利に話ができます。

人脈を使った顧客獲得には上記のような注意点もありますが、これを上手に活用すればとても効率的な営業活動ができます。

新人行政書士は、まず信頼できる人脈を広げていくことに注力して営業活動に力を入れていきましょう。