行政書士は見込み客をどれだけ確保できるかが重要

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

どのような商売であっても、まずは顧客となる可能性のある見込み客を確保することが重要です。

行政書士の場合、相談業務であったり、異業種交流会であったり、セミナーであったり、各種の営業であったりと、様々な見込み客確保の方法が考えられます。

どのような顧客層をターゲットにするのかによっても方法は異なりますが、新人行政書士はまず、できるだけ多くの見込み客を確保するために努力しなければなりません。

まずは地域を絞り込んで営業していく

最初に見込み客を確保するには、まず地域を絞り込んで営業していくことです。

行政書士のサービスを必要とする顧客予備軍に対して、自分の仕事をアピールしていくには、ある程度地域を絞り込んだ方が効率的な営業ができるからです。

扱う業務によって営業方法は様々ですが、主な顧客層が法人であれば、飛び込み営業やDM、異業種交流会といったものが考えられるでしょう。

また、顧客層が個人であれば、チラシであったり何らかの広告媒体を使うなど、とにかく自分の事務所がどのようなサービスを行っているのかを、できるだけ多くの会社や個人にアピールしておくことが必要です。

ホームページやSNSを活用する手段も

自分の行っているサービスをアピールする手段としては、ホームページやSNSといったものを活用するのも一つの有効な方法です。

そして、ホームページやSNSを活用するにしても、やはり地域をある程度絞り込んだ方が、検索などでも有利となります。

会社などであれば、今付き合っている行政書士に不満を感じていて、新たに行政書士を探している、というケースも少なくありません。

そういったときに備えて、ホームページの内容を充実させて専門性をアピールしておけば、問い合わせや依頼につながってくる可能性が高くなります。

また、SNSであれば地域内の人々と交流する中で、自分の仕事をアピールしたり、興味をもってくれる人も出てくるかもしれません。

すぐに結果が出なくても継続することが大事

見込み客というのは、今すぐに依頼につながるわけではありませんが、いざサービスが必要となったときに思い出してもらい、相談なり依頼につながってくるという顧客層です。

だからこそ、少なくとも自分の事務所がある地域内では、自分の事務所がどのようなサービスを行っているのか、といったことを広くアピールしておく必要があるのです。

地道なやり方ではありますが、見込み客は増えれば増えるほど安定的な経営につながっていきます。

すぐに結果が出なくても、継続することが大事です。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!

関連コンテンツ