行政書士は営業力を高めることが成功のカギ

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

『営業』というと、靴底をすり減らしながら汗をかき、一件一件地道に回る、といった『飛び込み営業』のイメージが思い浮かぶかもしれません。

確かに、こうした飛び込み営業などで仕事を獲得することも営業力のひとつですが、行政書士の営業手段というのは、何もこれだけではありません。

では、行政書士の営業力というのは、具体的にどのような能力を高めていけばよいのでしょうか。

スポンサーリンク

営業力を鍛えれば自然と仕事がやってくる

行政書士として仕事を獲得するためには、何らかの営業をする必要があります。

事務所に立派な看板を立ててただ待っていても、たまたま看板を見た人が問い合わせてくることはあるかもしれませんが、それだけでは十分な仕事を獲得することはできません。

そこで大事になってくるのは、行政書士としての営業力です。

先述した通り、営業方法というのは何も飛び込みだけではありません。

例えば、仕事につながる人脈を構築する活動や、ホームページ内容の充実、チラシの配布などといったことも、広い意味での営業活動となります。

また、相談案件などで顧客予備軍となる人々との対話力というのも、やはり営業力といえるでしょう。

こうした活動やスキルアップを続けて営業力を鍛えることで、自然と仕事がやってくるようになります。

世の中の人は、行政書士の仕事というのをほとんど知りません。だからこそ、一人でも多くの人に自分の仕事をアピールしていく必要があるのです。

新人行政書士が営業力を高めるためには

開業時から十分な人脈や豊富な資金があるのであればともかく、人脈もカネも十分にない状態の新人行政書士が行うべきことは、とにかく営業力を高める努力をすることに尽きます。

実務の勉強というのも大事なことですが、肝心の仕事が来なければその知識を生かすことはできません。

新人行政書士がまず行うべきことは、あらゆる人脈の構築であったり、顧客予備軍となる人たちとの対話力といった、営業力を鍛えていくことです。

行政書士も商売ですから、自分の商売を世の中に周知するための活動というのが絶対に必要です。

一日に名刺を10枚配るとか、毎日誰かと会って話をする、積極的に人の集まる場所に出向くなど、何らかの目標を定めて取り組んでいくのもひとつの方法です。

人脈やカネがなくても、知恵を絞って行動していけば、営業力を高めることにもつながっていきます。

結局は、このような活動を地道にやるかやらないかで営業力に大きな差が出てくるものなのです。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ