行政書士は営業力を高めることが成功のカギ

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業

『営業』というと、靴底をすり減らしながら汗をかき、一件一件地道に回るといった、いわゆる『飛び込み営業』というイメージが思い浮かぶかもしれません。

確かに、こうした飛び込み営業などで仕事を獲得することも営業力のひとつです。こうした営業方法が得意な方はどんどんやるべきです。

飛び込み営業は行政書士の仕事につながる?
営業活動というと、とにかく一軒一軒、靴底をすり減らしながら汗をかき回る、といったイメージがあるかもしれません。 実際、こうした『どぶ板』営業活動を行っている世の中の企業はとても多いのですが、行政書士が業務を獲得する手段としてはどうなのでしょうか。 行政書士の仕事を獲得するうえで、飛び込み...

しかし、行政書士の営業手段というのは、何もこれだけではありません。

では、行政書士の営業力というのは、具体的にどのような能力を高めていけばよいのでしょうか。

営業力を鍛えれば自然と仕事がやってくる

行政書士として仕事を獲得するためには、何らかの営業活動をする必要があります。

事務所に立派な看板を立ててただ待っていても、たまたま看板を見た人が問い合わせてくることはあるかもしれませんが、それだけでは事務所を維持するための十分な仕事を獲得することはできません。

そこで大事になってくるのは、行政書士としての営業力です。

営業力には様々な要素がある

先述した通り、営業方法というのは何も飛び込みだけではありません。

例えば、仕事につながる人脈を構築するための活動や、ホームページ内容の充実、効果的なチラシの配布などといったことも、広い意味での営業活動となります。

また、相談案件などで顧客予備軍となる人々との対話力、雑談力というのも、やはり営業力といえるでしょう。

雑談力が仕事を呼び込むことも~雑談スキルで営業力アップ
行政書士として顧客と接していると、仕事以外の雑談をする機会も少なくありません。 こうした仕事以外の雑談というのは、顧客との距離を縮める効果があります。 共通の趣味があったり、共通の知り合いなどがいたりすると、ついつい雑談時間が長くなってしまうこともあります。 また、雑談を交わしてい...

こうした活動やスキルアップを続けて営業力を鍛えることで、自然と仕事がやってくるようになります。

世の中の人は、行政書士の仕事というのをほとんど知りません。だからこそ、一人でも多くの人に自分の仕事をどんどんアピールしていく必要があるのです。

新人行政書士が営業力を高めるためには

開業時から十分な人脈や豊富な資金があるのであればともかく、人脈もカネも十分にない状態の新人行政書士が行うべきことは、とにかく営業力を高める努力をすることに尽きます。

実務の勉強というのも大事なことですが、肝心の仕事が来なければその知識を生かすことはできません。

新人行政書士がまず行うべきことは、あらゆる人脈の構築であったり、顧客予備軍となる人たちとの対話力といった、様々な営業力を鍛えていくことです。

行政書士も商売ですから、自分の商売を世の中に周知するための活動というのが絶対に必要です。

一日に名刺を最低でも10枚配るとか、毎日誰かと会って話をする、積極的に人の集まる場所に出向くなど、何らかの目標を定めて取り組んでいくのもひとつの営業方法です。

小さな目標の積み重ねが仕事を呼び込みます
開業したばかりの新人行政書士と話をしていると、『開業したが、何をすればいいのかわからない』といったことを口にする方が多いです。 実際、私も開業当初はそのように考えた時もありました。 何をすればいいのかわからない、というのは、要するに『どのようすれば仕事を獲得できるのかがわからない』という...

最初から人脈やカネがなくても、とにかく知恵を絞って行動していけば、自然と営業力を高めることにもつながっていきます。

カネなしコネなしでも行政書士で開業できるのか
これから行政書士として開業するにあたって、多くの方が心配するのが『カネなし、コネなしでも大丈夫なのか』という点だと思います。 確かに、カネもコネも最初からあるに越したことはありません。 しかし、それが行政書士で開業、成功するための絶対条件、というわけでもありません。 実際、私自身も...

結局は、このような活動を地道にやるかやらないかで、行政書士としての営業力に大きな差が出てくるものなのです。

行政書士の営業
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル