行政書士は無料で集客できると思っていませんか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業・集客

今でこそビジネス感覚に優れた行政書士が増えてきましたが、いまだに集客にかかるコスト意識を軽視しているのが行政書士業界の現状です。

とりあえず事務所のホームページを作成して、知り合いに開業の挨拶状でも出して、行政書士会の集まりにでも参加しておけば仕事がくる、と思っている新人行政書士の方が結構多いのです。

こうした考え方でいる限りは、もしかすると『まぐれで』何件かは仕事が舞い込んでくるかもしれませんが、ビジネスとして経営が成り立つことはまずあり得ません。

行政書士でビジネスを続けていくのであれば、まず 『集客にはコストがかかる』という意識改革をする必要があります。

集客にコストをかける必要性を認識する

事業として行政書士事務所を経営していくのであれば、まず見込み客をできるだけ多く集めることに注力しなければなりません。

行政書士は見込み客をどれだけ確保できるかが重要
行政書士に限らず、どのような商売であっても、まずは顧客となる可能性のある見込み客を確保することが重要です。 行政書士の場合でも、日々の相談業務であったり、異業種交流会であったり、各種セミナーの開催であったり、様々な集客方法であったりと、見込み客確保の方法はたくさん考えられます。 どのよう...

そして、その見込み客を集めるためには、アナログ集客にしろWEB集客にしろ、とにかくお金をかける必要があります。

これは一般の企業では当たり前に行われていることです。士業も商売である以上、決して例外ではありません。

このような商売として当たり前のコストでさえ、出さない、出すことができないという方がかなり多いのです。結果、『仕事がこない』とぼやいています。

100円のコーヒーは躊躇なく買うことができても、1クリック100円の広告費にはお金を出せないといった思考のままでは、遅かれ早かれ廃業への道をたどることになります。

マーケティングの基本的な考え方として、リピーターより新規顧客を獲得する方が何倍もコストがかかる、というのは常識中の常識です。

まずは新人行政書士がタダで見込み客を数多く抱えることはできない、資格に依存している限り集客などできないということをよく認識しましょう。

単にお金を使うだけでは意味がない

しっかり利益を出している行政書士事務所というのは、まず例外なく集客にコストをかけて勝負してきています。タダで集客しようとしている人が勝てるわけがありません。

タダで集客できるとすれば、競合相手がまったくいないような地域だけですが、今となっては地方であってもコストをかけて集客している事務所は多数あります。

もし行政書士として成功したい、儲けていきたいというのであれば、集客に対するコストはできるる限り惜しみなく投入する必要があります。

もちろん、ただ単にお金を出せばいいというわけではありません。

集客の仕組みをつくるために時間をかけ、手間を惜しまず労力を使い、そしてお金をかけて、時には失敗もしながら、やっと経営者としての行政書士になることができるのです。

失敗を恐れていては前に進めない

行政書士が集客するための方法というのは多々あります。しかし、お金をかけてもすべてがうまくいくとは限りません。

私も開業当初はコストをかけて様々な集客方法を試みましたが、残念ながら期待外れだったものも多数あります。というよりも、失敗の方が多かったかもしれません。

ただ、そうした失敗も必ず後の糧になっていきます。そして、今でもそうした教訓を生かしながら集客に励んでいる日々です。

前述の通り、集客の仕組みを作り上げるためには、時間も労力もお金も必要です。それでも失敗を恐れずに前に進むことが大事なことなのです。

ブレずにすぐ投げ出さない行政書士が、いわば『勝ち組』となることができます。

最初は並大抵の努力では足りませんが

専門職として実務を行うための自己研鑽を積みながら、集客の仕組みづくりにも取り組むというのは、はっきり言って並大抵の努力では足りません。

それこそ、24時間365日働くといったくらいの意気込みが必要です。

新人行政書士は24時間365日働く気概が必要
これから行政書士として開業を検討している方の中で、もし、開業しても土日は休んで自分の時間をもちたい、などと考えている方はいるでしょうか。 そのような方は、残念ながら少なくとも行政書士での起業には向いていないので、やめた方がいいと言わざるを得ません。 起業するということは、まず仕事を獲得し...

ベテラン行政書士であってもコストをかけ、何らかの集客方法を使って見込み客を得ているのですから、実績も経験も乏しい新人行政書士がタダで仕事を得られるはずがありません。

新人行政書士が事業として集客していくためには、そこに相応のコストをかけていく必要があるということを、くれぐれも肝に銘じておきましょう。

逆にいえば、開業当初からそうした意識をしっかりもっていれば、経営者として早く成功できる可能性が高まるということです。

ひとりでも多くの方が経営者としてのお金の使い方を学び、業界全体の利益になることを切に願うばかりです。