行政書士はまず存在を知ってもらうこと~DM編

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士も商売ですから、誰にも存在が知られていなければ当然依頼が来ることはありません。

どのように存在を知ってもらうかは様々な方法がありますが、営業方法としてダイレクトメール(DM)は有効な方法となり得ます。

もっとも、DMは単に闇雲に送っても効果はありません。

スポンサーリンク

DMの反応率は高くないことを想定する

自宅に届く様々なDMなどで経験上わかると思いますが、多くのDMは読まれずにそのまま捨てられてしまいます。

ですから、一般的なDMの返答率は1パーセント未満と考えてよいでしょう。

まして、行政書士はモノを売る商売ではありませんから、一般的なDMよりもハードルが高いかもしれません。

ただし、開封率や返答率をできるだけ高くするための工夫を行うことはできます。DMの開封率や返答率を上げるための工夫としては、以下のようなことが考えられます。

内容は相手の目を引くメッセージを簡潔に

DMは、最初にどれだけ相手の目を引くかが勝負です。ここで関心をもたれなければ、すぐに捨てられてしまいます。

例えば、メッセージとして『無料相談受付中』など、相手のメリットとなるような言葉を目につくよう簡潔に書いておきます。

外観を広告らしくしないようにする

外観から広告だと分かると、やはりどうしても開封率は下がってしまいます。

できるだけオフィシャルな感じになるよう、外観はシンプルな方がよいでしょう。

中身の紙質は丈夫なものを

一般的なコピー用紙のようにペラペラの紙で作成するよりも、ある程度丈夫な紙質で作成することも大事です。

DMは送ってすぐに反応があるとは限りませんので、保存性が高いように作成するようにしましょう。

切手を貼る場合の工夫

細かいことですが、切手を貼ってDMを送る場合には、一般的な切手よりも記念切手などを使用するのも目立つためのポイントです。

表書きや自分の氏名は手書きで

少しでも広告らしくならないようにするには、封筒の表書きなどは手書きの方がよいでしょう。

部数が多くなると大変な作業ですが、DMを読んでもらうには既製品や定型文のイメージではなく、手作り感が大切です。

DMを送った理由やメリットを書く

万人向けの内容にならないよう、相手に対してなぜDMを送ったのか、といった内容を書きましょう。

行政書士に依頼することで、相手にどのようなメリットがあるのかも書いておきます。

何らかの特典などをつける

やはり特典のないDMというのはどうしても読まれにくいものです。

行政書士であれば、無料相談や小冊子などをプレゼントするといった内容がよいかもしれません。

DMはただ闇雲に送っても効果は出ません

冒頭で述べた通り、DMはただ闇雲に送っても効果は期待できませんし、コストの垂れ流しになってしまいます。

自分の業務範囲、ビジネスと関係がありそうな相手をピックアップし、ターゲットを絞って送ることが重要です。

最初はなかなか反応がとれないこともあると思いますが、費用対効果が許す限り、トライアンドエラーを繰り返しながら行ってみましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ