行政書士もSNS集客の時代?~効果はあるの?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業・集客

TwitterやFacebookなどといった、いわゆる『SNSを使って集客』のような宣伝文句をよく見聞きします。書籍などでも目にすることが度々ありますね。

実際、行政書士もSNSを使っている方は多いと思うのですが、集客の手段として活用できている方はどれくらいいるのでしょう。

WEBコンサルと呼ばれる方たちの多くは、盛んにSNSの活用を勧めています。

では、果たして行政書士の直接的な営業や集客手段として、SNSというのは有効に働くものなのでしょうか。

SNS本来の性質はコミュニケーションツール

まず、SNS本来の性質というのはコミュニケーションツールです。つまり、あくまでもネット上での交流を目的としたツールです。

これを集客に活用していきましょう、というのがいわゆるSNS集客と呼ばれるものです。

ただ、本当にこれを有効活用してバンバン集客できている行政書士というのは、どれくらいいるのでしょうか。

少なくとも私の知る限り、SNS集客をメインに仕事をとっている、という方とはお会いしたことがありませんので、どれだけの効果があるのかは正直わかりません。

行政書士がTwitterで発信している内容を見てみると

私自身、一応SNSのアカウントはもっていて、行政書士の方と相互フォローもしています。

ごくたまにタイムラインを見てみるのですが、行政書士の方のほとんどが『〇〇のことなら〇〇行政書士事務所にご相談ください』といった内容で、URLが貼られているだけだったりします。

しかもBot(自動で定型の内容を流す)を使って流しているものもあったりして、見ている方としては一切興味が湧かないのですよね。

もっとも、心理学的には単純接触効果なるものもあるらしいので、それはそれで認知度は高まるのかもしれませんが。

私がSNSを利用している目的は

先にも述べた通り、SNSは本来コミュニケーションツールです。Twitterに関しては、コンテンツの更新情報や過去に書いたコンテンツを発信することをメインに使用しています。

特にフォロワーを増やすような施策もしていません。

あとは鮮度のある情報収集ツールとして使うこともあります。

行政書士は実務に関する情報収集と行動が重要
行政書士の実務を行っていくうえでは、実務に関連する情報収集というのも欠かせません。 法改正や役所からの通達、実務知識を得る情報や他士業の動向など、あらゆる情報の中から実務に役立つ情報をインプットしておく必要があります。これは専門職として当たり前のことでしょう。 重要な情報を知らなかったば...

アクセス解析なんかを見てみると、一定数はSNS経由で入ってきているので、もしかするとこのコンテンツもSNS経由で閲覧してくれている方がいるかもしれません。

私は他にもいくつかコンテンツを書いているので、そちらもTwitterとFacebookページに更新情報や過去記事を流し込んでいますが、直接的な営業目的では利用していません。

あくまでもコンテンツを読んでもらう流入先のひとつとして考えています。

人脈を広げるきっかけにはなるかも

これは私なりの考え方ではありますが、SNSで集客することに力を入れるのであれば、それよりもサイトに良質なコンテンツをどんどん入れていくことに集中します。

Facebookの個人アカウントでは事務所の宣伝は一切しませんし、時間がある時にプライベートなことをつぶやく程度です。

ただ、Facebookに関しては原則実名なので、地元で商売をされている方や経営者の方、他士業の方とコミュニケーションをとることはあります。

ビジネスの話はほとんどしませんが、時々こんなことで困った、苦労したなどといったことでアドバイスをしたり、相談を受けたりといったこともあります。

そういう意味では、特に地元の方との人脈を広げるためのツールとして有効に使うことはできるかもしれません。

行政書士のFacebook活用法は?~人脈づくりの有効手段?
行政書士をはじめ、他士業の方々もFacebookを利用しているケースが多くなっています。 私も行政書士だけでなく、他士業や異業種の方とFacebook上で活発に交流することも少なくありません。また、情報収集のツールとしても優れていると思います。 FacebookをはじめとするSNSの上手...

結局、SNSメインで集客することは可能なのか

あまり積極的にSNSを使っていない私が言うのも何ですが、少なくとも行政書士の直接的な営業、集客ツールとしては考えない方がいいと思います。

もちろん、上手に使ってメインの集客ツールにしている方が、ひょっとするといるかもしれませんので絶対とは言いませんが。

私としては、WEB集客を狙うのであれば、そこに力を入れるよりもサイトのコンテンツを充実させてSEO対策し、検索流入を狙った方が効果が高いと感じています。

実際、私が運営しているサイトは90%以上が検索流入です。ただし、私はアナログ集客が得意なのでWEB集客に多くの時間を割いているわけではありません。

繰り返すようですが、SNSをメインに直接の営業、集客の柱にすべく力を入れるのは、個人的にはあまり効果が期待できないと思います。

私は今までの経験から、アナログ集客にしてもWEB集客するにしても、絶対にタダではできないと思っていますので。

行政書士は無料で集客できると思っていませんか?
今でこそビジネス感覚に優れた行政書士が増えてきましたが、いまだに集客にかかるコスト意識を軽視しているのが行政書士業界の現状です。 とりあえず事務所のホームページを作成して、知り合いに開業の挨拶状でも出して、行政書士会の集まりにでも参加しておけば仕事がくる、と思っている新人行政書士の方が結構多い...

もし、あえてSNSで集客を狙うのであれば、フォロワーや友達を増やしたりする手間や時間をかけるよりも、タイムラインに有料広告を流す方が手っ取り早いと思います。

効果の程はわかりませんが、そこはご自身の判断で。