行政書士の集客は辛抱も必要~簡単に投げ出さない

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業・集客

行政書士が集客や経営をしていくうえでは、ときに『辛抱』というのも必要です。

経営者として成功する要素というのは様々ありますが、集客の仕組みを構築して仕事をしっかりとっていくことであり、そこに至るまでのプロセスでは、やはり辛抱強く継続できるかというのも重要なことです。

アナログ集客にしてもWEB集客にしても、稼いでいる行政書士の多くは、試行錯誤を重ねて辛抱しながら仕事を増やしてきた方が圧倒的に多いはずです。

根性論のようですが、集客にしても経営にしても辛抱、我慢して継続できるかどうかが、成功する人、失敗する人の分かれ道になると思います。

集客で結果が出ていない人の特徴は?

新人行政書士の悩みのひとつには、『集客がうまくいかない』というケースも多々あるでしょう。見込み客を集客することができなければ、当然のことながら仕事につながることはありません。

今まで私が実際に見てきた中で、失敗している行政書士の特徴というのは、ある程度共通しているところが多いように感じています。

ホームページでの集客で挫折

今どきは事務所のホームページがあるといいよ、といったことをどこかで聞きつけて、意気揚々とホームページを作成したにもかかわらず、十分な集客につながらないというパターンです。

問い合わせがあっても月に1件あるかないか、ということで『やっぱりホームページはダメだ』と嘆いていたりします。

そうした方のホームページを見てみると、あれもやります、これもやりますといった内容で、そこに事務所案内と問い合わせ先が単に記載してあるだけ。

業務内容や地域を絞って検索かけてみても、2ページ目とか3ページ目とかに掲載されている。それじゃ問い合わせなんてほとんどないのは当たり前です。

結果、そこで更新もやめてしまって放置状態になっていたりします。

本気でWEB集客するのであれば、SEO対策やマーケティングというものをしっかり勉強し、圧倒的な情報量で勝負しなければ、今の検索エンジンに評価されることはありません。

WEBで集客するには、情報量の多い特化型サイトを量産してSEO対策を施し、広告も使っていくといった労力とコストをかけなければ、まず無理なのです。

WEB集客は、リスティング広告に投資できればすぐに結果が出るかもしれませんが(絶対ではないです)、サイトが検索エンジンに評価されるまでには、早くても3か月、普通は半年から1年ほどはかかります。

そこを投げ出さずに試行錯誤しながら続けてきた人、つまり辛抱してコツコツと努力してきた人が最終的に勝ち組(あまり好きな言葉ではないのですが)となっているのです。

ブログを書いても一向に成果が出ずに挫折

これもホームページと同様、どこかから『ブログ書くといいらしいよ』といったことを聞いて始めてみたものの、結果がでずに辛抱できず挫折、そして放置というパターン。

ブログで集客するにしても、今は価値あるコンテンツを書いたうえでコストをかけていかないと、まずビジネスとして成果はでません。

しかも、ビジネスブログを無料のブログサービスで書いているなんていう方は、はっきり言って問題外です。

WEBコンサルなんかがよく言う『アメブロで集客』なんていうのを真に受けてしまっている方は、今すぐやめて独自ドメイン取得してレンタルサーバーの契約をし、Wordpressでの運用に切り替えましょう。

これの意味がよく分からない方は、以下のコンテンツを参考にしてみてください。

事務所ホームページは外注?自作?~ホームページの作成について
現在は、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末でインターネットが手軽に利用できる環境にあります。 ですから、相談や依頼を考えている顧客が、事務所の情報を事前にある程度知っておきたい、という目的で、事務所のホームページを検索するということも十分に考えられます。 ホームページはいわば...
行政書士登録したら開業準備中に新規ドメインを取得する
行政書士登録するための申請をし、事務所調査を経て登録証が交付されれば、晴れて行政書士として活動することができるようになります。 欠格事由に該当したり事務所調査でNGが出るようなことがなければ、通常は3か月程度で登録証が交付されるでしょう。 登録申請してから登録証が交付される期間は開業準備...

もっとも、本気でブログ集客を狙うのであれば、良質なコンテンツの提供と継続といったように、これも結果が出るまでに辛抱、我慢が必要なことは言うまでもありません。

アナログ広告出しても成果が出ずに挫折

よく、『チラシ1,000枚配ったけど問い合わせがほとんどない』と嘆いている方もいますが、そんな少部数で結果が出るほど甘くはありません。

そもそも部数の桁を間違えています。

集客チラシで結果を求めるのであれば、少なくとも1万部以上は配布しないと、まず成果は出ません。何しろほぼ99%以上は即ゴミ箱行きになるのですから。

しかも、最初の配布で結果が出ずにやめてしまう方が大半です。広告というのはトライアンドエラーの連続であり、試行錯誤しながら改善に改善を重ねていく必要があります。

1%(これでも多めに見積もっています)の見込み客にアピールするため、トライアンドエラーを繰り返しながら行う手法ですから、やはりここでも辛抱、我慢が必要なのです。

フリーペーパーなどの広告媒体についても同じことです。ターゲットとなる読者層を考慮したうえで、広告費をペイできるまでに内容を改善しながら、辛抱強く続ける我慢が必要です。

ただし、広告媒体によっては、費用対効果があまりにも悪ければ、即撤退という判断もアリでしょう。

アナログ広告は奥が深いというか判断が難しいところがあるので、次、次といったように媒体を切り替えていくのも、ひとつの手法かと思います。

どんな集客方法であっても辛抱して継続した者が勝つ

あまりにも非常識で的外れな手法でない限り、正しい方向性と戦略を立てて続けていれば、やがて必ず結果は出てきます。

繰り返しになりますが、そのためには『辛抱』『我慢』といったことが必要です。

私はWEB集客よりもアナログ集客が得意なので、開業当初からそちらに力を入れてきましたが、とにかくトライアンドエラーと辛抱、我慢の連続でしたね。

一応WEB集客の手法やマーケティングの勉強も以前から続けてはいますが、何しろ今は忙しくてなかなか実践できずにいます。

ただ、遅まきながら近いうちに少しマンパワーをかけて乗り出そうとは思っています。まだまだ稼ぎたいですからね。

『継続は力なり』という格言もありますが、ただ何も考えずに継続しているだけでは意味がありません。明確な目的と戦略を練りながら継続することが大事なのです。

ブランド力も何もない新人行政書士事務所を、世の中の人々に認知してもらうだけでも労力やコストがかかります。まして、タダで集客しようなどと間違っても考えてはいけません。

行政書士は無料で集客できると思っていませんか?
今でこそビジネス感覚に優れた行政書士が増えてきましたが、いまだに集客にかかるコスト意識を軽視しているのが行政書士業界の現状です。 とりあえず事務所のホームページを作成して、知り合いに開業の挨拶状でも出して、行政書士会の集まりにでも参加しておけば仕事がくる、と思っている新人行政書士の方が結構多い...

少なくとも私が知る限り、今稼いでいる行政書士の方というのは、この辛抱や我慢というものを乗り越えて成功してきています。

根性論がどうしても嫌いな方は仕方ありませんが、もっと集客したい、稼ぎたいという方は、あえて辛抱、我慢という道を突き進んでみてください。必ず結果はついてきます。