行政書士はまず存在を知ってもらうこと~飛び込み営業編

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の営業方法は様々なありますが、その営業方法のひとつとして飛び込み営業も考えられます。

多くの企業が行っている飛び込み営業ですが、正直、行政書士の業務獲得につながる確率は決して高くありません。

それでも、一人でも多くの人に自分の存在を知ってもらう、という意味においては、やってみて損はないと言えるかもしれません。

飛び込み営業をするなら準備をしっかりしてから

念のため最初に言っておきますが、飛び込み営業は行政書士として必須ではありません。苦手な人は無理に行う必要はなく、自分に合った営業方法を模索すべきです。

あえて飛び込み営業を行うのであれば、やはりきちんと準備を整えてから行うのが大切です。

まず、営業をかける企業がどのような仕事をしていて、行政書士の業務に関する需要があるのか、といったことくらいは事前に調査しておきましょう。

行政書士の業務を必要としているのは、主に中小零細企業です。そのような企業に狙いを絞って営業をかけていくことになります。

また、開業当初は事務所と同じ地域で基盤を築くことが安定につながりますので、地元の企業にターゲットを絞ります。

勝負する時間は限られています

行政書士の業務を受注するには、その企業の経営者レベルと話をする必要があります。

しかし、企業の経営者というのは多忙で、飛び込み営業の話を長時間まともに聞いてくれるほどヒマではありません。

飛び込み営業で最初に与えられる時間は、長くても3分程度と考えておきましょう。

当然、業務内容の詳細をこの時間で話すことはまず不可能ですから、メイン業務や価格の目安などがわかるような資料を必ず用意していきます。

もし、営業先の業種が複数あるのであれば、営業先の業務内容に応じて、資料は何通りか用意しておくのが万全です。

資料の内容としては、自分のメインの業務は何か、価格の目安や納期の目安、どのようなときに行政書士に頼めるのか、行政書士に頼むことで企業側にどのようなメリットがあるのか、他の行政書士事務所との違い、などといった要素を盛り込んでおきます。

資料や名刺はすぐに捨てられることがないよう、保存性の高い用紙を使うことも大切です。

飛び込み営業は必須の営業方法ではありません

繰り返しになりますが、飛び込み営業は行政書士にとって必須の営業方法ではありません。

自分には向かない、と思うのであれば、自分に合った営業方法を模索していった方がいいでしょう。

また、業務分野によっては、飛び込み営業が向いていないものもあります。

しかし、前職が営業マンだった人などにとっては、自分の強みを存分に生かせる営業方法ともいえます。飛び込み営業が苦にならない人は、どんどん行っていきましょう。

営業活動というと、とにかく一軒一軒、靴底をすり減らしながら汗をかき回る、といったイメージがあるかもしれません。 実際、こうした『どぶ板』営業活動を行っている企業はとても多いのですが、行政書士が業務を獲得する手段としてはどうなのでしょうか。 行政書士の仕事を獲得するうえで、飛び込み営業を推奨している方はあまりいませんが、あえて飛び込み営業で行政書士業務を獲得できるのかを少し考えてみましょう。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!

関連コンテンツ