顧客の信頼を得る自己演出のテクニック

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

顧客の信頼を得るには、行政書士としての実力を示すことができれば最も早道です。

しかし、初対面の相手に対して、新人行政書士が自分の実力を伝えるのはとても困難です。

そこで、ある程度の自己演出による場の雰囲気づくりで、自分の実力以上の信頼を得るためのテクニックが必要となってきます。

ビジネスでは、第一印象というのはとても重要な要素なので、最初の面談時が最初の勝負になります。

実力以上の雰囲気を出すためには

最初の面談時において、こいつはデキる人間、と見られるようにするには、まず以下のようなことに気を配ってみましょう。

顧客と話すとき

まず、顧客と話す際は、自信をもってゆっくりと、落ち着いて話すことです。

変に焦って早口になってしまったりすると、顧客が話を理解できないこともありますし、何より落ち着きのない印象を与えてしまいます。

自分ではゆっくりと落ち着いて話しているつもりでも、相手にはそう聞こえていないことがあります。最初はそういう点も冷静に意識してみましょう。

声のトーンも、少し低めに意識して話した方が、より説得力が増します。

視線の位置

視線の位置にも注意が必要です。

相手とまったく目を合わさないで話していると、どうしても自信がないように見えてしまいますし、相手に対しても失礼です。

だからといって、相手の目をじっと凝視する必要はありませんが、大事なところでは相手の目をしっかり見て、自信をもって話すことが重要です。

公私問わず、普段から誰と話すにしても意識してみるとよいでしょう。

必ずメモをとる

何もせずにただ相手の話を聞いていると、人によっては、自分の話をちゃんと聞いているのかと疑念をもたれてしまうことがあります。

ですから、会話中はフリだけでもいいので、とにかく必ずメモをとるようにしましょう。これだけでも相手からの印象は違います。

もちろん、重要な部分についてはフリではなく、本当にメモをとらなければならないことは言うまでもありません。

オーバーなボディランゲージはしない

あまりにオーバーなボディランゲージは胡散臭い印象をもたれてしまい、相手に不信感を抱かせてしまう場合があります。

ビジネスの場では落ち着いた雰囲気が大事なので、できるだけ過剰なボディランゲージは控えましょう。

もちろん、相手を指差すなどということは絶対にNGです。

新人行政書士だからこそ自己演出が大事です

新人行政書士は実績も経験も乏しく、相手と自信をもって話すことはなかなか難しいかもしれません。

また、こればかりはどうしようもないのですが、そもそも人見知りだったり、人と話すのが苦手、という人もいるでしょう。

しかし、これから行政書士としてビジネスに携わっていくためには、顧客との会話は絶対に避けて通れない道です。難しい、苦手などとは言ってられません。

自己演出というのは、少し意識して頑張れば誰でもできることです。新人行政書士だからこそ、自己演出を使って実力以上の雰囲気を出せるように努力してみましょう。

よろしければフォローしてください