行政書士はまず存在を知ってもらうこと~セミナー・相談会編

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の営業方法としては、セミナーや相談会の開催というのも効果が期待できます。

セミナーや相談会は、法人・個人サービスを問わず開催することができますし、そこで見込み客の満足度が高ければ、後に仕事の依頼につながっていくという流れができます。

もっとも、あまりにニッチな分野で集客するのは困難なので、ある程度需要があると想定できるテーマの中から選定していくことになります。

新人行政書士でも、セミナーや相談会の内容をしっかり勉強し、顧客の知りたい情報をうまく伝えることができれば、仕事の依頼につながっていくでしょう。

集客が最初の難関

セミナーや相談会を実施するには、まず集客を行わなければなりません。

ターゲットとなる顧客や内容によって異なりますが、法人向けであれば客層を絞ったDMやWEBサイトでの告知、個人向けのサービスであれば、チラシやフリーペーパー等での告知などが考えられます。

他にも様々な告知方法が考えられますので、費用対効果を十分に考慮したうえで、対象となる客層に合わせた告知を行ってみましょう。

セミナーや相談会の内容というのは、ある程度必死で勉強すれば何とかなりますが、この集客に関しては最初の難関となります。

どんなに自信のある内容のセミナーであっても、人が集まらなければまったく意味がありません。行うセミナーや相談会の集客にはどのような方法が合っているのか、とにかく知恵を絞ってみてください。

開催場所の選定

開催場所については、公共の施設や民間のセミナールームなどが考えられます。

ただし、公共の施設で開催する場合には、営利目的の利用や有料での開催は基本的にできない場合が多いです。

公共施設の利用は顧客にも安心感を与えますし、場所代も非常に安いので低コストで済みますが、各自治体などによって使用基準が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

相談会を実施する際の注意点

セミナーの場合、資料を作成し、見込み客に対して話をするだけなので、最低自分一人でも開催することができます。

しかし、相談会を併せて行うような場合には、人が多く集まり相談希望者が多くなってくると、とても一人ではさばききれません。

ですから、相談会の場合は複数の行政書士、あるいは必要であれば他の専門家と共催するなどがお勧めです。

せっかく来場してくれた見込み客をみすみす逃さないためにも、事前の準備は入念に行っておきましょう。

目的は見込み客を確保すること

セミナーや相談会の実施目的は、あくまでも見込み客を確保することです。

詳細な資料がないと対応できないような場合などには、自分の事務所に誘導するなり訪問の約束を取り付けるようにすれば、見込み客との接点が増えることになります。

初対面よりも敷居が低くなりますので、業務の依頼につながっていく可能性は上がるでしょう。

ただし、見込み客に対して行政書士の認知度を上げるための目的でもありますから、その場でクロージングを急ぐのは厳禁です。あくまでも見込み客のペースに合わせて話を進めるようにしましょう。

その場でのクロージングを強く意識するあまり、しつこく事務所に誘導する、訪問約束を取り付けようなどとすると、かえって見込み客が引いてしまいますので注意が必要です。

とはいえ、見込み客に対してさりげないアプローチを行っておくことは大事です。

最低限、セミナー内容の資料や名刺、自分の事務所案内チラシなどを渡しておくといったことくらいは行っておきましょう。相手の名刺ももらえれば、その後のアプローチも行えますのでベターです。

一度の失敗で諦めない

セミナーや相談会が最初から大成功、となれば一番良いのですが、大抵の場合、最初はなかなかうまくいかないことが多いものです。

ただ、失敗の経験も必ず今後の糧になりますから、一度の失敗で簡単に諦めることなく、トライアンドエラーを繰り返しながら辛抱強く行ってみてください。

特に新人行政書士は、転んでもタダでは起きない精神が大事です。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!

関連コンテンツ