新人行政書士事務所にホームページは必要?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

最近は行政書士をはじめ、他士業のホームページもずいぶん増えてきました。

試しに、『行政書士 ○○市』などと検索してみると、単なる事務所紹介的なものから、専門性をアピールしてホームページからの受注を狙っているものなど、様々なホームページが出てくるはずです。

そこで、新人行政書士もホームページが必要なのかどうかを考えてみましょう。

新人行政書士にはホームページが必須です

結論からいうと、新人行政書士事務所にホームページは必須です。

特に、何のコネも人脈もない状態でスタートする方は、事務所のホームページを充実させることが重要な作業となります。

なぜなら、スマートフォンやタブレットといった情報端末が広く普及している今の時代、初対面の人が商売上のことをより詳しく調べるためのツールとして、インターネットを活用するのが普通になってきたからです。

名刺交換をした相手などが、その人の情報をもっと知るためにホームページやフェイスブックといったSNSをチェックすることも多くなってきました。

極端な話、名刺交換した直後であっても、あなたの情報を相手が調べることができる時代なのです。

こうした状況で、名刺交換した相手のホームページもフェイスブックも見つからない、ということになると、それだけで商売上でも人脈形成上も不利になってしまいます。

もっとも、行政書士の中にはホームページもフェイスブックもやっていない、という方はたくさんいます。

ただし、これはすでに多くの顧客をもつベテラン行政書士であったり、いわゆる二世行政書士など、地盤がしっかりある行政書士の話です。

新人行政書士事務所には、ホームページが必須となっている時代であることを認識しましょう。入口はいくらあっても損はしません。

ホームページで専門性を打ち出す

ホームページの利点としては、専門性を打ち出してアピールできる点があります。

多くの業務を羅列している事務所よりも、入口は狭くなりますが、専門性を打ち出しているホームページの方が集客には有利です。

自分が行政書士に業務を依頼する立場になったときに、『何でもできます』という行政書士よりも、『○○専門です』という行政書士だったら、後者を選ぶと思う人が大半でしょう。

また、いくつかのメイン業務を想定している方は、それぞれの専門サイトを立ち上げるという方法もとれます。

ホームページがあることで、新人行政書士でも専門性をアピールすることができるようになるのです。

パソコンが苦手な行政書士はもう通用しない?

とはいえ、パソコンが苦手でホームページなんてとても作れない、という方もいるでしょう。

資金に余裕があるのであれば、外注して制作してもらうという手もあります。

しかし、多くの新人行政書士は、ホームページ外注制作費用の数十万円を捻出するというのは難しいと思います。

であれば、やはり自分で苦労しながら制作するしかありません。

ちなみに、私も決してパソコンが得意ではありませんでしたが、開業前に必死でホームページの制作を学んで自作しました。

ただ、開業当初のホームページは、いかにも素人が作りました、というようなひどい出来でしたが。

今は簡単にホームページを作成できるソフトやツールが豊富にありますので、昔ほど専門的な知識は必要なくホームページを作れるようになってきています。

また逆に、そうした方面に明るい方は、行政書士として活躍する上で大きなアドバンテージになるでしょう。

何より、ホームページは24時間いつでも自分の業務をアピールできる利点があります。

新人行政書士は、ぜひホームページの充実という面にも力を入れていきましょう。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!