最初の1件の顧客をどのように獲得するか

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業

開業当初の行政書士には当然実績がありませんし、実績がなければなかなか信用を得ることもできません。

行政書士という肩書だけで、最初から信用されて仕事が舞い込むほど甘くはないのです。

では、どのようにまず『最初の1件』の顧客を獲得して、行政書士として信用を得られるまでになれるのでしょうか。

最も可能性の高い方法としては、自分のあらゆる人脈をフル活用し、まずそうした人たちからの紹介を得る活動をすることです。

友人や知人からの紹介という手段であれば、たとえ行政書士として何も実績がなくても、まずは仮の信用を得ることができるのです。

開業当初は他力をとことん利用する心構えで

もし、自分が行政書士に何らかの仕事を依頼する立場になったとき、どこの誰なのか分からない行政書士よりも、友人や知人から紹介された行政書士の方が安心して業務を依頼できるはずです。

それは、紹介した人に対しての信用が、そのまま紹介された行政書士への信用につながってくるからです。あの人から紹介されたのなら安心できるな、という信用です。

最初はとにかく、自分の友人や知人はもちろん、前職の人脈などを、なりふり構わずフルに活用します。

そういった人たちに開業の挨拶状を出したり、人の集まる場に出向き、友人や知人などで顧客になりそうな人たちに対して自分の存在をアピールしていくのです。

普通に社会生活を営んでいる人であれば、そうした友人や知り合いの一人や二人は必ずいるはずです。

新人行政書士としてスタートダッシュを決めるには、いかに早く最初の業務を受注して、経験や信用を得られるかにかかっています。

まずは知り合いから声をかけ、他力でもなんでも使えるコネはとことん使った方が確実に仕事へ結びついていきます。

また、最初の仕事で信用を得られれば実績にもなり、次の業務を依頼されたり、そこから他の人を紹介してもらえるかもしれません。

闇雲に飛び込み営業などを行うよりも、何倍も効率的な営業活動ができるのです。

あくまでも仮の信用であることを忘れない

ただし、友人や知人を介して得た信用というのは、あくまでも仮の信用です。その点は十分肝に銘じておかなければなりません。

他力で得られた仮の信用というのは、自分への直接的な信用ではなく、紹介者である友人や知人に対しての信用なのです。

せっかく紹介で仕事を得られても、そこでいい加減な対応をしてしまったりすれば、自分への評価はもちろんのこと、紹介してくれた人の評価や信用も下げることになってしまいます。

このような対応では、今後、行政書士として仕事をしていくことは難しいと言わざるを得ません。

開業当初は十分に時間もあるはずですから、業務内容について詳しく調べたり、必要であれば先輩行政書士に質問したり、役所などに直接出向いて話を聞くこともできるでしょう。

くれぐれも友人や知人への信用はもちろん、自分への信用を失墜させないよう、最初の1件はとにかく全力で業務にあたりましょう。

最初の1件の信用や実績が、必ず次にもつながっていきます。

行政書士の営業
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル