新人行政書士はとにかく外に出ましょう

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

新人行政書士として開業して最初の仕事を得るには、ただ闇雲に営業するよりも、まずは知人や友人からの紹介というのが最も近道です。

開業当初の行政書士には当然実績がありませんし、実績がなければなかなか信用を得ることもできません。行政書士という肩書だけで、最初から信用されて仕事が舞い込むほど甘くはないのです。では、どのようにまず『最初の1件』の顧客を獲得して、行政書士として信用を得られるまでになれるのでしょうか。 ...

ただ、新人行政書士が最初から紹介だけで十分な仕事を得ることは難しいいので、そうした活動をしつつも何らかの営業活動をして、自分で仕事を得なければなりません。

そのためには、とにかく人の集まる場所に出ていき、顧客になる可能性のある人との対面での営業活動というのも必要になってきます。

普通に社会生活をしていれば、人の集まる場所に顔を出す機会というのは、誰にでも何かしらあるはずです。

とにかく事務所の外に出ること

人の集まる場所というのは、例えば、同窓会や親戚の集まり、自治会などの行事、同業者や異業種との交流会などなど、考えればいくらでも出てきます。

そうした人の集まりに積極的に参加することで、まずは近いところから自分の存在、仕事を認知してもらうことから始めるのです。

しかし、開業のタイミングでこうした集まりがなかなかない、という場合にはどうするかというと、それでもとにかく事務所から出ることです。

極端な話、街をただ歩いていても知り合いに偶然出くわすかもしれません。また、行きつけのお店などがあれば、そこにもしかすると困っている人がいるかもしれません。

対面での営業というのは、当たり前ですが相手がいなければできません。

ですから、まずは事務所から出て、顧客予備軍と接触する機会、可能性を積極的に作り出すことが必要なのです。

意外なところに仕事が待っているかも

ちなみに私は開業当初、意外なところから仕事を得ることができました。

その場所というのは、とある役所です。

その時は特に用事もなく、何か役に立つ資料でもないかと役所に立ち寄りました。

すると、窓口で職員と長いやり取りをしている人がおり、その後にトボトボとこちらに向かって歩いてきたのです。

そこで私は勇気を出して、『どうしたんですか?』と、思い切ってその人に声をかけました。

当然その人は、とても不審そうな顔で私を見ましたが、『実は私、こういう者です』と名刺を渡しておきました。

その時はお互いそのまま帰ったのですが、後日、なんとその人から、ある仕事で相談したいとの電話をもらったのです。

そして結果、その人に仕事を依頼された、ということが実際にありました。

偶然も人と接する機会がなければ生まれません

というように、何でもいいからとにかく外に出て人と接触することで、もしかすると仕事につながることがあるかもしれないのです。

行政書士の仕事というのは、一歩外に出れば至るところに転がっています。

こんなことは、めったにない偶然、と言われればそれまでですが、その偶然も人と接触する機会を作らなければ可能性は生まれません。

ただ、当たり前のことですが、そうした偶然ばかりを期待してはいけません。

他にも営業活動をしっかりと行ったうえで、時間があればとにかく外に出てみましょう、何もしないよりはずっとマシですよ、ということです。

ホームページの充実やチラシの配布、対面での営業活動なども当然必要ですが、新人行政書士は顧客予備軍と接触する機会をできるだけ増やす、ということも考えていきましょう。

もしかすると、嬉しい偶然が待っているかもしれません。

よろしければフォローしてください