待ちの営業と攻めの営業を駆使して見込み客を集める

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業・集客

行政書士も商売ですから、自分の仕事を世の中に広くアピールしていかなければなりません。

そのための手段としては、ホームページであったり、各種の広告やDM、飛び込み営業など、様々な手段が考えられます。

基本的に、世の中の人は行政書士がどのような仕事をしているのか、といったことをよく知りません。司法書士と行政書士の区別もつかない人がほとんどです。

では、行政書士がとるべき営業戦略として、どのような方法が効果的なのでしょうか。

待ちの営業と攻めの営業で見込み客を確保する

ホームページというのは、何らかの問題を抱えている人が自ら検索し、自分のホームページやブログを参照し、問い合わせなどのアクションを起こしてもらう『待ちの営業』です。

ですから、いかに魅力的で見込み客の問い合わせアクションを誘発できるか、といった内容に仕上げていく必要があります。

一方、チラシ配布やDM、幅広い人脈の構築、飛び込み営業といった方法は、『攻めの営業』です。

顧客のアクションをただ待つのではなく、こちらから見込み客に自分の存在をアピールしていくことで、業務につなげようとする行動になります。

どちらが効果的なのか、というのは業務内容やターゲット層によって異なりますが、できれば両方を同時に行っていくのがベストです。

それぞれに短所、長所があります。ですから、同時に行うことでお互いの短所を補い、長所を伸ばしていくという作戦をとるのがよいでしょう。

行政書士の営業はアナログ集客とWEB集客のどちらが効果的?
行政書士事務所を開業したら、最初から多くのコネや仕事につながる豊富な人脈を持っている方はともかく、通常は何らかの営業活動を行わなければなりません。 新人行政書士に限らず、行政書士の営業方法というのは様々なものがあります。 新人行政書士がすぐに取り組めるものとしては、チラシやDM、電話帳や...

肝心なことは存在を知ってもらうこと

どの方法にしても、一番の目的は、自分の存在をできる限り多くの人に知ってもらうことに尽きます。

そのためには、考えられるあらゆる手段を使ってアピールしていくのが重要です。看板を掲げて待っているだけは、商売として成り立つだけの見込み客を獲得することはできません。

そして、需要が生じるのはどうしてもタイミングなので、特にアナログ集客に関しては、ある程度繰り返していくという忍耐力も必要です。

例えば、事務所案内のチラシ配布という方法で考えてみましょう。

1回のチラシ配布などで満足な結果が出なくても、次のチラシ配布でタイミングが合えば見込み客を獲得できるかもしれません。

トライアンドエラーを繰り返しながらの、地味でコツコツとした作業ですが、開業当初から足場を作っていくには、そうした地道な努力も必要です。

もっとも、広告費が潤沢に出せるのであれば、もう少し効率的で楽な方法もあります。しかし、多くの新人行政書士にとっては、あまり現実的なものではありません。

ちなみに、私は仕事でどこかに出かける用事があったりすると必ず、100枚くらい自分の事務所チラシを持っていきます。

そして、用事の帰りやスキマ時間などを使ってポスティングを行う、といったことを今でも行っています。

スキマ時間にも行政書士が営業できる簡単な方法
行政書士の仕事は、事務所でデスクワークのみをやっているわけではありません。 書類の作成だけではなく、様々な打ち合わせや営業活動、役所回りなどで外出する機会の多い仕事です。 よほどタイトなスケジュールで動いていない限り、外出先でちょっとしたスキマ時間ができることも少なくありません。 ...

自分の事務所をアピールするのは、アイデアと努力次第でいくらでも方法があります。

見込み客を確保できたらリスト化してアフターフォローを

こうした待ちの営業、攻めの営業で見込み客を確保できたら、属性に応じてリスト化し、次のアプローチを仕掛けていくことも重要です。

例えば、相談業務なりセミナーなりで見込み客と接触したら、電話やメールであったり、セールスレターなどでアフターフォローしていく、などといったことです。

行政書士は見込み客をどれだけ確保できるかが重要
行政書士に限らず、どのような商売であっても、まずは顧客となる可能性のある見込み客を確保することが重要です。 行政書士の場合でも、日々の相談業務であったり、異業種交流会であったり、各種セミナーの開催であったり、様々な集客方法であったりと、見込み客確保の方法はたくさん考えられます。 どのよう...
顧客リストの整備で攻めの営業~相談業務を有効活用
同業者や他士業の方と話していると、相談業務は結構多いのに、その後の業務依頼までなかなかつながらない、という声をよく聞きます。 特に、無料相談を行っているような事務所では、このような事例が多いように感じます。 無料相談というのは士業への相談という敷居が低くなる半面、どうしても数を稼がないと...

新人行政書士は知恵を絞って、待ちの営業と攻めの営業を駆使しながら、世の中の人に自分の存在を広く知ってもらう工夫、努力を惜しまないようにしましょう。