行政書士はまず存在を知ってもらうこと~FAXDM編

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の営業方法は様々ありますが、FAXDMという方法もあります。

FAXDMとは文字通り、ターゲットとなる顧客へFAXでDMを流す手法です。すでに開業されている方は、様々な業者などからFAXDMが来ていると思います。

では、行政書士業務を獲得する方法として、FAXDMというのは有効なのでしょうか。

スポンサーリンク

ターゲットとする顧客層によって異なる

FAXDMが有効と思われる顧客層は、やはり個人事業主や法人ということになります。

どのように顧客リストを入手するのかは様々な方法が考えられますが、一番手っ取り早いのはFAXDM業者に依頼することです。

自分で情報を集めてリストをせっせと作成し、自ら送信することも、やろうと思えば可能ではありますが、手間と通信費などの費用対効果を考えると、あまり現実的ではありません。

FAXDMを打つのであれば、そのサービスを必要としていると思われる顧客層をよく検討して実行することが重要です。

どのような業務に向いているのか

私自身は法務系の仕事がメインなので、このFAXDMを使った営業というのは行ったことがありません。

そのため、費用対効果や反応率などを実体験で語ることはできないのですが、取り扱う業務によっては効果が期待できると思っています。

例えば、許認可を必要とする業種であったり、外国人を雇用している法人など、ある程度ターゲットを絞って行うと反応率が高くなるでしょう。

通常のDMよりもコストは安い

FAXDMのメリットとしては、通常の郵送DMよりもコストがかからない点です。

ただし、通常はA4用紙一枚での送付となりますので(枚数が多いと、それだけで敬遠されます)、その限られたスペースの中で、どれだけ反応のとれるサービス内容を盛り込むことができるかが勝負です。

実際、FAXDMで結果を出しているという方もいるので、新人行政書士も営業方法として検討する価値は十分にあると思います。

クレーム対応も覚悟して行う

FAXDMというのは、まったくサービスを必要としていない、あるいはその気がまったくない顧客にとっては、迷惑以外の何物でもありません。

実際、私の事務所にも毎日のようにFAXDMが届きますが、届いた時点で内容も確認せず裏紙箱へ直行です。

こうした点を考えると、やはり一定数のクレームが入ることも予想できます。

中には、かなりお怒りのクレームもあると思いますので、その点はある程度覚悟して行う必要があるでしょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ
スポンサーリンク