集客チラシのヒントは意外と身近なところにもあります

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士が仕事を獲得するためには、当然何らかの営業活動をしなければなりません。

そして、その営業活動においては、事務所のチラシやパンフレットというのも重要なアイテムです。

チラシというと、ピザ屋さんや住宅販売、新聞の折り込み広告などを思い浮かべる方が多いと思います。こうしたチラシというのは、何らかの形で毎日のように目に入るものではないでしょうか。チラシは、とにかく数を打って必要な人に届くようにする手法ですから、必要のない人にとっては迷惑なものであり、チ...
行政書士の営業ツールというのは多々あります。例えば、名刺といった基本的なものとともに、自分の事務所がどのような業務を行っているのかという詳しい資料として、事務所案内というのも有効な営業ツールです。行政書士の業務というのは、残念ながら世の中の人にほとんど認知されていません。当の...

ホームページなどの媒体とは違い、限られたスペースの中で、いかに自分の事務所をアピールするかが重要なポイントになります。

しかし、いざこれを考えようとしても、なかなか難しいものです。

チラシやパンフレットのデザインをプロに外注してしまうという手もありますが、新人行政書士が最初からこうしたところに予算をかけるのは大変です。

そこで、できるだけ予算をかけずに、効果的なチラシやパンフレットを自分で作成できないかどうかを考えてみましょう。

プロのセンスを参考にしてみる

デザインやキャッチフレーズというのは、どうしてもセンスが必要なところです。素人が簡単に真似できるものではありません。

しかし、プロが制作したデザインやキャッチフレーズのヒントというのは、普通に生活している中にいくらでもあふれています。

例えば、スーパーやコンビニに行けば、外観だけで思わず手に取って見てしまう商品もあるでしょう。

普段は何気ない行動であっても、なぜこの商品を手に取ったのかを考えてみることで、何かヒントが浮かんでくることがあるかもしれません。

また、毎日届くポスティングチラシや新聞広告も、思わず手を止めて見入ってしまうものがあります。それも同様に、なぜこの広告に目が止まったのかをよく考えてみるのです。

試行錯誤を繰り返しながら反応率を上げていく

それでも、最初はなかなか反応がとれるものが作れないかもしれません。

しかし、試行錯誤しながらどんどん研究を重ねていけば、集客の柱となるチラシやパンフレットができ上がっていくものです。

実際、私が開業当初に作成したチラシなどは、今見てみると恥ずかしいくらいにひどい出来です。当然反応もまったくありませんでした。

今ではあまり自分でチラシを制作することはなくなりましたが、そうした努力の中で、どのようにアピールすれば反応がとれるのか、というコツはだいぶつかめたと思います。

簡単ではないかもしれませんが、開業当初はとにかく一人でも多くの人に事務所の存在や業務内容を知ってもらうのが大切です。

チラシなどのアナログ営業というのは、どうしても時間や手間がかかりますが、上手に活用できれば、開業当初の集客の柱として大きな効果を発揮してくれるものです。

ぜひ試行錯誤を重ねながら、集客できるツールを作り上げていきましょう。