集客の導線は多ければ多いほどいい

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の営業、集客というのは、様々な方法があります。

例えば、ホームページであったりSNSを駆使したものであったり、人脈を使って紹介を得ていくものであったり、チラシやパンフレットを使って飛び込み営業や広告を打ってみたりなど、ざっと考えただけでも色々と考えられます。

そして、この中でも最近では、ホームページやブログを使った営業、集客を行う方が増えてきました。

確かに、ホームページやブログというのは、自分の事務所をアピールするために大きな役割を果たしますので、ぜひ力を入れていくべきところです。

ホームページというのは、上手に活用すれば24時間働いてくれる優秀な営業マンとなり、集客の柱にもなり得るものです。

ホームページ集客はまず検索エンジン対策

前述したように、ホームページというのは今や士業にとって大きな集客ツールです。

これから開業を考えている、あるいは開業したばかりの方は、ぜひホームページを有効に活用して事務所のアピールをすべきです。

最近は行政書士をはじめ、他士業のホームページもずいぶん増えてきました。試しに、『行政書士 ○○市』などと検索してみると、単なる事務所紹介的なものから、専門性をアピールしてホームページからの受注を狙っているものなど、様々なホームページが出てくるはずです。マーケティングという観点からも、...

しかし、ホームページ集客というのは、周りに競合が多ければ多いほど集客の難易度が高くなります。また、ホームページ集客に必要な知識も必要です。

特に、大都市圏に事務所を構えている方は、行政書士の絶対数も多いですから、当然業務内容が競合する可能性も高くなります。

新人行政書士がここに割り込んでいくには、まず集客するためにある程度の投資(リスティング広告や外注)が必要になるかもしれません。

そして何より、ホームページでの集客には検索エンジン、特にGoogleでの上位表示対策が必須になってきます。

今はYahoo!の検索エンジンもGoogleのシステムを基本的に使用しているので、いわゆる検索エンジン対策(SEO)はGoogle一本となります。

いくら見栄えが良く、立派なホームページを作っても、検索エンジンで上位表示されなければ閲覧してくれる機会が少なくなり、十分な集客はできません。

ホームページ集客の落とし穴

ただ、難しいのは、検索エンジンの上位表示の継続というのは、自分でコントロールすることが困難という点です。

自分ではやましいことは何もしていないつもりでも、ある日突然、Googleにまったく評価されなくなり、検索順位を大幅に落とされてしまうことも少なくないのです。

いくら自分が努力して頑張っても、Googleの検索アルゴリズム次第で順位が大きく変動してしまうことがあります。

Googleというのはある意味、Web集客をする上では、インターネット世界の神様みたいなものです。何らかの原因で機嫌を損ねると、たちまちそこで集客がストップしてしまいます。

ホームページ営業、集客には、常にこうしたリスクがつきまとうのです。

ですから、もしホームページでの集客が減少したとしても、それをカバーするための導線をしっかりと構築しておくことが重要になってきます。

実際、私も開業当初、周りにホームページを開設している事務所が少なかったこともあり、ホームページを開設して集客に取り組んでみました。

当時は今ほど行政書士のホームページは多くなく、とても見栄えが良いとは言えないものでしたが、順調にホームページからの問い合わせや受注を得ていたのです。

それがある日突然、ぱったりと止まってしまったのです。

原因はGoogleでの検索順位下落でした。なぜそのような事態が起きたのかは、いまだによく分かりません。

顧客を獲得する導線はできる限り多く

ただ、幸い集客の導線はホームページだけでなく、地道なチラシの配布や人脈形成も並行して進めていたので、致命的なダメージには至りませんでした。

ですから、新人行政書士はホームページ集客だけでなく、あらゆる手段を使って自分の事務所をアピールし、集客の導線をできる限り多く確保しておくことが必要です。

これはホームページだけでなく、人脈の形成や、その他の営業、集客においても同じです。

ひとつの方法や導線に頼り切ってしまうのは、一時的にうまくいったとしても、リスクが大きいのです。

仮にどこかがまったくダメになっても、それをカバーできる集客のための導線は、できる限り多く確保しておくことが重要です。

よろしければフォローしてください