飛び込み営業は行政書士の仕事につながる?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

営業活動というと、とにかく一軒一軒、靴底をすり減らしながら汗をかき回る、といったイメージがあるかもしれません。

実際、こうした『どぶ板』営業活動を行っている企業はとても多いのですが、行政書士が業務を獲得する手段としてはどうなのでしょうか。

行政書士の仕事を獲得するうえで、飛び込み営業を推奨している方はあまりいませんが、あえて飛び込み営業で行政書士業務を獲得できるのかを少し考えてみましょう。

スポンサーリンク

飛び込み営業のデメリット

飛び込み営業というのは、文字通りアポなしで飛び込んでいく営業方法です。そのデメリットとしては主に以下のようなことがあります。

経営者とまともに話すのが難しい

例えば、企業に営業する場合、行政書士業務の多くは経営者クラスから仕事をとる必要があります。つまり、経営者に会うことができなければ仕事になりません。

しかし、経営者というのはとても多忙で、わざわざ飛び込みセールスの相手などまともにしてくれません。

行政書士も経営者ですから、自分の身に置き換えてみれば分かるでしょう。

相手の業務内容を把握しずらい

行政書士の業務範囲は非常に広いですが、その会社がどのような業務のサポートを必要としているのかを知らなければ、営業しても徒労に終わる可能性が高いといえます。

少なくとも、相手の業務内容や会社の規模などくらいは把握しておかないと、次のステップにはなかなか進めません。

実績も経験もない

新人行政書士の場合、当然のことながら経験や実績がありません。ですから、なかなか自信をもってお客様と話すことができません。

また、仮に何らかの経験や実績が多少あったとしても、初対面の人にこうした点を伝えるのは非常に難しいと言えます。

初対面である

何らかの面識がある相手ならまだいいのですが、飛び込みで初対面の相手に対して、会社の内情や悩みを知らせるようなことは、普通であればできません。

これも自分の身に置き換えてみれば分かるでしょう。

飛び込み営業はまったくのムダなのか

飛び込み営業が時間のムダ、意味がないなどと言われる理由としては、主に上記のようなデメリットがあるためです。

では、飛び込み営業がまったく意味がないのかというと、そうとも言い切れません。

上記のデメリットというのは、あくまでもいきなり業務を受注しようとする売り込み営業の場合です。

つまり、すぐに業務を依頼してもらいたい『今すぐ客』をつかまえるために行う営業です。

しかし、これが自分の存在を知らせるためのアピールであれば、ぐっとハードルは低くなります。

売り込みの営業というよりも、開業の挨拶という感覚で訪問するということです。

具体的には、自分の業務内容が書いてあるチラシやパンフレットと名刺を置いてくることを目的にするのです。

この飛び込みの目的は、『そのうち客』を増やすことにあります。

今すぐには必要でないかもしれないけれども、もし困ったことがあったらぜひご相談くださいね、というように、自分の存在をそこでアピールしておくのです。

もちろん、これが確実に仕事につながるとは言えませんが、少しでも認知度や可能性を広げていくという点では有効な手段かもしれません。

商売は、まず自分の存在を知ってもらわないと何も始まりません。飛び込み営業に限らず、様々な方法で自分の存在をアピールしていきましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ
スポンサーリンク