新人行政書士こそセミナー開催のすすめ

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

一般的にセミナーというと、ある程度実績のある専門家が行うイメージがあります。

確かに、実績や経験のある人のセミナーというのは、内容に当たりはずれがあるにしても、それなりに実績や経験をアピールできますので、集客という面でも有利に働きます。

では、実績も経験も浅い新人行政書士が、セミナーを企画して開催することはできないでしょうか。

スポンサーリンク

セミナーの利点は効率的に見込み客が増えること

セミナーの利点としては、やはり効率的に見込み客を増やすことができる点にあります。

事務所などで一対一で話をするよりも、セミナーでは一対多数で話ができますので、見込み客を獲得するうえでは、とても効率がよいやり方なのです。

また、見込み客を自分の事務所なり訪問するところまでこぎつけることができれば、すでに顧客予備軍の懐に入り込んでいますので、業務受注の確率が高くなります。

新人行政書士がセミナーを行う意味

新人行政書士がセミナーを開催することは、人前で専門家らしい振る舞いを勉強できる絶好の機会です。

数多くの人前で話すというのは想像以上に大変なことですが、これから行政書士を続けていく上で勉強になること、参考になることがたくさんあります。

何より、これから自分をアピールしていくうえで、セミナーを行ったということ自体が実績となりますので、新人行政書士こそ積極的にセミナーを行うべきなのです。

一番の難関は集客すること

とはいえ、セミナーもまず人が集まらなくては話になりません。

集客する方法というのは、話の内容やターゲットとなる層によってやり方は異なりますが、法人を相手にするのであれば、DMや業界出版物などへの広告掲載、個人を相手にするのであれば、チラシやフリーペーパーなどへの広告掲載といった手段があります。

また、セミナーのPRサイトであったり、SNSを利用した集客方法も考えられます。

セミナーの内容よりも、まずは集客できるかどうかが勝負となりますので、あらゆる手段を検討したうえで、費用対効果の高い方法で行ってみましょう。

ちなみに、私も開業当初に相続に関するセミナーを企画して行ったのですが、当時はあまりコストがかけられなかったので、ポスティングチラシを数千枚作成し、自力で配布を行って集客してみました。

結果としては、二十数名の人が集まってくれて、その中の数人から業務の依頼を受けることができました。

あまり効率のよいやり方ではありませんでしたが、あの時の経験が今につながっていると思います。

新人行政書士こそセミナーを積極的に行い、実績づくりに励んでいきましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ