雑談力が仕事を呼び込むことも

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士として顧客と接していると、仕事以外の雑談をする機会も少なくありません。

こうした雑談というのは、顧客との距離を縮める効果があります。

また、雑談を交わしている中で、顧客が困っていることや疑問をさらに聞き出すことにより、新たな行政書士業務を受注できることもあります。

つまり、雑談力を高めることは、行政書士としての営業スキルの向上にもつながるのです。

スポンサーリンク

雑談は空気を読みつつ営業色や専門色は極力出さない

とはいえ、雑談であまりにも営業色を出してしまうと、逆に顧客は引いてしまいます。

また、自分の知識や専門的な話をただ並び立てて話すのも、あまりよい対応とはいえません。最初から『あまりにも出来過ぎ』というのは嫌われるのです。

あくまでも場の空気をうまく読みつつ、自然な流れで行政書士業務をアピールすることができればベストです。

士業というのは、どうしても固いイメージをもたれることが多い商売ですから、顧客との距離を縮めるうえでも、フランクな雑談というのはとても大切なことなのです。

人と話すことが苦手な方でも大丈夫

実際、普段の私は人見知りでとても口下手なのですが、これまでの経験で話のツボというか、こういうタイプの顧客にはこんな話をすれば場が盛り上がるな、といったことを何とか会得しつつあります。

ですから、人見知りで初対面の人と話すのが苦手、という方でも大丈夫です。行政書士として仕事をしていく中で、そうしたスキルは自然と身についてくるものです。

ちなみに、私は顧客とビジネスの話をしていても、8割くらい雑談で終わってしまうことも少なくありません。それでも、そうした雑談の中で何件も業務を受注しています。

行政書士業務というのは基本的に、顧客の悩みや疑問を聞くことから始まります。つまり、基本的には聞き役です。

顧客の中には、自分の自慢話や昔話などを延々とする方もいますが、その途中で自然な軌道修正ができるようになれば、雑談の上級者といえるでしょう。

新人行政書士は顧客と接する中で、雑談力の向上というのも意識してみましょう。

たかが雑談、されど雑談です。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ