雑談力が仕事を呼び込むことも~雑談スキルで営業力アップ

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の営業・集客

行政書士として顧客と接していると、仕事以外の雑談をする機会も少なくありません。

こうした仕事以外の雑談というのは、顧客との距離を縮める効果があります。

共通の趣味があったり、共通の知り合いなどがいたりすると、ついつい雑談時間が長くなってしまうこともあります。

また、雑談を交わしている中で、顧客が困っていることや疑問をさらに聞き出すことにより、新たな行政書士業務を受注できることも多々あります。

つまり、雑談力を高めることは、行政書士としての営業スキルの向上につながることにもなるのです。

雑談は営業色や専門色は極力出さない

相手はあくまでも顧客ですから、あまりにもくだけた話し方はよくありませんが、要は普通に世間話をする感覚で構わないのです。

そして場の空気をうまく読みつつ、自然な流れで顧客に行政書士業務をアピールすることができればベストです。

一般の方は、行政書士が行える仕事内容をほとんど知りません。ですから、行政書士はこんなこともやってますよ、という話ができることもあるのです。

つまり、これも営業活動の一環といえます。雑談から様々なニーズを引き出せることも少なくありません。

行政書士をはじめ士業というのは、どうしても固いイメージをもたれることが多い商売です。

顧客との距離を縮めるうえでも、ビジネスでの雑談力を鍛えるというのは大事なことです。

人と話すことが苦手な方でも大丈夫

実際、普段の私は人見知りでとても口下手です。お世辞にも話し上手ではありません。

しかし、これまでの経験で話のツボというか、こういうタイプの顧客にはこんな話をすれば場が盛り上がるな、喜ぶな、といったことを何とか会得しつつあります。

ですから、人見知りで初対面の人と話すのが苦手、などという方でも大丈夫です。

行政書士として顧客と話をする経験を積んでいく中で、そうしたスキルは自然と身についてくるものです。

ちなみに、私は顧客とビジネスの話をしていても、8割くらい雑談で終わってしまうことも少なくありません。

それでも、そうした雑談の中から何件も業務を受注しています。

行政書士は基本的に聞き役

行政書士業務というのは基本的に、顧客の悩みや疑問を聞くことから始まります。

つまり、基本的には聞き役です。

ただ、顧客の中には、よく自分の自慢話や昔話などを延々とする方もいます。しかし、その途中で自然な軌道修正ができるようになれば、もう雑談の上級者といえるでしょう。

新人行政書士は、これから顧客と接する中で、雑談力の向上というのも少し意識してみることをお勧めします。

雑談を上手にするだけで業務を受注できる可能性があるのですから、たかが雑談、されど雑談です。