自分の強みと弱みを棚卸ししてみる

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

自分の事務所の存在や、行っている業務を一人でも多くの人に知ってもらうためには、何らかの営業活動というのが絶対に欠かせません。

営業活動の方法は様々ありますが、まずはとにかく自分ができること、得意なことから始めてみることを考えてみましょう。

闇雲に他人の真似をするのではなく、自分の強みや弱みといった自己分析をして、営業方法を考えて実践していくことが大切です。

スポンサーリンク

自分の強みを最大限に活用する

例えば、元々営業や販売などに従事していた人であれば、飛び込み営業や異業種交流会など対面での営業に力を入れることができるでしょう。

また、あまり初対面の人と話すのが苦手であるのであれば、ホームページやチラシといった営業に力を入れていくこともできます。

このように、まずは自分の強みや弱みを自己分析したうえで、様々な営業方法を考えて実践するということです。

普通の社会生活を営んでいる人であれば、こうした自己分析で自分の長所や短所を洗い出すのは、それほど難しいことではないはずです。

自分の強みを最大限に生かす営業方法を考え、とにかく行動してみることが大事です。

どんなに考えても強みが見つからない場合は

それでも自分の強みが何も見出せない場合は、厳しいようですが、行政書士という商売で食べていくのを諦めるしかありません。

これは行政書士に限ったことではありませんが、商売というのは営業することで仕事を得ることができるものです。

対面での営業は苦手、パソコンも苦手、チラシを作るのも面倒、人脈を作ることもできない、というのであれば、残念ながら商売を営んでいくことは難しいので、他の仕事を見つけた方がいいでしょう。

勘違いしている人も結構多いのですが、行政書士も商売ですから、試験に合格して開業しても、それだけで何もせず仕事が舞い込んでくることはまずありません。

行政書士の仕事内容というのは、世の中の認知度がとても低いのです。だからこそ、自分にできること、存在を広くアピールできなければ、容赦なく市場から淘汰されていきます。

今の自分に何ができるのか、どうすれば自分の事務所を一人でも多くの人に知ってもらえるのか、といったことを考えて実践することこそ、新人行政書士には重要なことです。

実務のお勉強も大事ですが、私たち行政書士は商売人であり、顧客をつかまえることができなければ商売にならないことを忘れてはいけません。

これから開業を考えている方は、実務ができるかどうかを不安がることはありません。近年の難しい行政書士試験に合格した人であれば、何度か業務を経験すれば、十分に自信をもって実務に臨むことができるようになります。

商売人としての自覚をもって行動し、儲かる行政書士がどんどん増え、行政書士の社会的ステータスがもっと上がることを切に願っています。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ