行政書士バッジはつけた方がいい?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士登録が済むと、上図デザインの行政書士バッジがもらえます。

私が登録したときは小さな桐の箱に入っていて、何となく嬉しかったことを覚えています。

さて、この行政書士バッジですが、普段仕事をしている時も常につけている方もいますし、ほとんどつけない、という方もいます。

実は私も、今では単位会や支部の公式行事などがある時しかバッジをつけていません。

ただ、新人行政書士だった頃、この行政書士バッジをつけていたことで仕事につながったことが一度だけありました。

士業であることをアピールする効果はあるかも

それは、バッジをつけてある飲食店にいたときに突然、『あの・・・失礼ですが弁護士さんですか?』と声をかけられたのです。

一般の方は弁護士バッジも行政書士バッジも同じに見えたのでしょう。

私は『いや、私は行政書士なのですが・・・』と答えました。

するとその方は、『行政書士さんですか・・・行政書士さんは損害賠償とかの相談もやっているんですか?』と言われたので、『内容にもよりますが、よろしければお話だけでもお聞きしましょうか?』ということで、その方のお話を詳しく聞くことになったのです。

結果、行政書士でも対応できる事案だったので、後日あらためて事務所に来てもらい、仕事につながった、ということがありました。

そんなこともあって、バッジも意外と効果があるのかもしれないと思い、開業から数年は常に行政書士バッジをつけて仕事をしていました。

もっとも、それ以来、仕事に結びついたことはありませんし、たまに弁護士さんと間違われることはあっても、行政書士さんですか?と聞かれたことは一度もありません。

ただ、自分が士業であることをアピールするという効果は、ほんの少しですがあるのではないでしょうか。

 行政書士バッジは意外と目立ちます

今の行政書士バッジは金色なので、小さいけれども意外と目立ちます。

ですから、自分は士業、行政書士である、ということを周りに少しでもアピールするためにも、新人行政書士の方はつけて出歩くことをお勧めします。

特に行政書士バッジをつけなければいけない、という決まりはありませんが、小さなバッジをつけているだけで、仕事になる可能性がほんの少しでもある・・・かもしれません。

よろしければフォローしてください

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!

関連コンテンツ