行政書士のニッチ業務分野~探すのではなく作り出す

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の実務

行政書士業務には、建設業許可申請などのメジャーなものをはじめ、様々な種類があります。

一説には、行政書士が行える業務は数千から一万種類とも言われています。

もちろん、そうした業務をすべて網羅して仕事をするのは現実的ではありあせんし、まず不可能に近いと思います。

ほとんどの行政書士は、いわゆる一般的な行政書士業務の中からメイン業務を掲げて仕事をしています。

そこで、一般的に知られている業務分野ではなく、あまり他の行政書士が行っていないニッチな業務はないだろうか、と考えて探している方がいるかもしれません。

では、そうしたニッチ業務を見つけることは、現実的に可能なのでしょうか。

ただニッチ業務を探すのは難しい

先にも述べた通り、行政書士が行える業務は数千から一万種類とも言われています。そうした膨大な業務内容の中から、しらみ潰しにニッチな仕事を見つけていくことはまず不可能です。

また、仮にニッチ業務が何か見つかったとしても、当然のことながら世の中に需要がなければ仕事になりません。

ニッチ業務を探してみる、といったことはよく言われることですが、実はそう簡単に見つかるものではないのです。

ニッチ業務を単に探す労力があるのであれば、一般的な行政書士業務の営業に励んだ方が、よほど仕事になる確率は高いかもしれません。

ニッチ業務を行うのは不可能なのか?

ただし、単にニッチ業務を見つけることは難しくても、自分でニッチな分野を作り出すことは比較的簡単にできます。

具体的には、『〇〇業の建設業許可申請が専門です』『〇〇業の会社設立が専門です』といったように、ターゲットとなる業種を絞り込み、一般的な行政書士業務と組み合わせるという方法です。

こうした方法であれば、組み合わせはいくらでも考えることができます。

法務分野の仕事に関しても、例えば『飲食店の事業承継コンサルティングが専門です』とか、『〇〇業の相続手続きや遺言書作成が専門です』など、いくらでも作り出すことができるのです。

前職での経験や知識というものを生かして、オリジナルなニッチな業務を考えてみるということもできるでしょう。

人生経験を行政書士の業務に生かす
行政書士の業務というのは非常に幅広く、これから仕事を行っていく上での選択肢の多さがメリットとなります。 しかし、逆に業務範囲があまりに広すぎるため、どの業務や分野に絞っていけばよいのか決めにくいというデメリットも併せ持っています。 行政書士業務は、試験のために勉強した知識だけでは、なかな...

つまり、ニッチな業務分野は探すのではなく、自分で作ってしまうということです。

需要があるかどうかは慎重に見極める

ニッチな分野は自分で作り出せることは前述しましたが、問題はその業務に利益を出せるだけの需要があるかどうかです。

組み合わせはいくらでも考えられますが、その仕事にある程度の需要がなければ、企画倒れに終わってしまいます。

ですから、自分の商圏にはこうした業種が多いとか、こんなことで困っている人が多そうだ、といった事前のリサーチも必要になってくるでしょう。

しかし、行政書士の仕事というのは、意外なところからやってきたりするものです。何かアイデアが浮かんだら、ホームページやブログなどを利用してテストしてみるのも面白いかもしれません。

内容をしっかりと作り込んでおけば、ニッチなキーワードでライバルがほとんどいない状況ですから、検索エンジンで上位表示させることは比較的容易です。

もし競合する事務所が多いような地域であれば、ちょっとした工夫で個性的な業務内容を作り出し、こうしてニッチな業種の顧客をターゲットに絞るのも一つのやり方かもしれません。

アイデア次第で広がる行政書士業務

ニッチな分野を作り出すことに限らず、行政書士の仕事というのは、アイデア次第で様々に広げることができるものです。

既存の一般的な行政書士業務であっても、ちょっとしたアイデアひとつで他の事務所との差別化を図ることもできます。

経営者として日々知恵を絞り、利益の出せる行政書士事務所を作り上げていきましょう。

行政書士の実務
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル