開業してどの分野をメインにしていくのか迷ったら?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の実務

開業したばかりの新人行政書士の方と話をしていると、どの業務から仕事にしたらいいのか分からない、といったことをよく耳にします。

行政書士の業務はメジャーなものをピックアップしただけでも、かなりの種類があります。

確かに、経験のない新人行政書士の方が迷うのも無理はないかもしれません。

では、もし開業してどの業務に力を入れていけばいいのか、といったことで迷っている方のために、一般論や私なりの考え方を含めて考えてみたいと思います。

まずはメジャーな業務から始めてみる

まず前提として、新人行政書士は入ってきた仕事は何でもやってみるべきですが、行政書士業務の中で最もポピュラーな業務といえば、やはり建設業許可申請関連です。

もし、最初はどの業務に的を絞ればいいのかと聞かれたら、私なら建設業許可関連の仕事かな、という答えになると思います。

理由としては、一口に建設業と言っても様々な業種があり、都市部や地方問わず、多くの需要がある仕事だからです。

建設業許可は許可の更新であったり、毎年あるいは役員変更などがあれば提出しなければならない書類もありますので、行政書士業務の中でも数少ない継続性のある業務です。

また、建設業許可申請関連の業務は、産廃関連などの業務も付随してくることが多いのも特徴のひとつです。

『行政書士=建設業許可』とも言われていますから、業務に関する手引きも充実していて、情報も非常に多く、新人行政書士であっても比較的取り組みやすいこともあります。

建設業許可申請の人気が高い理由は?~行政書士業務の基本
行政書士の仕事は非常に幅広いですが、最も多くの行政書士が手掛けているポピュラーな業務が『建設業許可申請業務』です。 ベテラン行政書士の中でも、この建設業許可申請関連の業務をやったことがない、という方は少ないのではないでしょうか。 建設業許可申請業務とは、建設業法に定められた土木、建築、大...

建設業許可申請関連の仕事は最も多くの行政書士が手掛けていますから、どの支部の中にも詳しい人が必ずいます。

そういった意味でも、建設業許可申請関連の仕事というのは、新人行政書士が最初に手掛けやすい業務といえるのではないでしょうか。

自分でマーケティングを行い需要を探る

建設業許可申請関連の需要が多いことは確かですが、事務所の商圏で他に需要が多そうな業務を自分で見つけて的を絞るという方法もあるでしょう。

また、前職の経験であったり、いわゆるニッチな分野に的を絞って差別化を狙うというのも、方法のひとつとして考えられます。

地域に行政書士業務の需要があるかをリサーチする
行政書士も商売ですから、マーケティングの基礎となるエリア特性の調査というのは非常に重要です。 そこに需要がないものを業務として掲げていてもまったく意味がありませんし、仕事を獲得することはできません。 もっとも、インターネットなどを使って広域に業務エリアを設定している場合は別ですが、経験も...
人生経験を行政書士の業務に生かす
行政書士の業務というのは非常に幅広く、これから仕事を行っていく上での選択肢の多さがメリットとなります。 しかし、逆に業務範囲があまりに広すぎるため、どの業務や分野に絞っていけばよいのか決めにくいというデメリットも併せ持っています。 行政書士業務は、試験のために勉強した知識だけでは、なかな...
行政書士のニッチ業務分野~探すのではなく作り出す
行政書士業務には、建設業許可申請などのメジャーなものをはじめ、様々な種類があります。 一説には、行政書士が行える業務は数千から一万種類とも言われています。 もちろん、そうした業務をすべて網羅して仕事をするのは現実的ではありあせんし、まず不可能に近いと思います。 ほとんどの行政書士は...

もっとも、開業したばかりの新人行政書士は、その存在をできる限り広くアピールするところから始まります。ですから、あらゆる人脈を使って最初の仕事を得るのが最も近道かもしれません。

最初の1件の顧客をどのように獲得するか
開業当初の行政書士には当然実績がありませんし、実績がなければなかなか信用を得ることもできません。 行政書士という肩書だけで、最初から信用されて仕事が舞い込むほど甘くはないのです。 では、どのようにまず『最初の1件』の顧客を獲得して、行政書士として信用を得られるまでになれるのでしょうか。 ...

様々な業務経験は後に必ず生きてくる

最初に得た仕事がどのような分野の仕事であったとしても、その経験は必ず後に生きてきます。

行政書士業務、特に許認可関連の仕事については、ほとんどがお役所から詳細な手引きなども出ていますし、業務に必要な情報も豊富です。

新人行政書士の方は、くれぐれも『経験したことがないから』といった理由で仕事を断るようなことがないようにしましょう。将来に生きてくる業務経験のチャンスを自ら棒に振るようなものです。

最初から食わず嫌いすることなく、とにかく様々な業務を経験してからメインに掲げる業務を決めても遅くはありません。

自分には向いていないと思っていた業務であっても、やってみると意外に面白いな、と思うことも多々あります。

どの業務分野が自分に向いているのかはやってみないとわからない
新人行政書士が最初の仕事を獲得するには、人脈の中から紹介を得るのが最も近道です。 また、行政書士として効率的に利益を上げるためには、いずれ業務を絞り込んで専門特化することも必要となります。 人脈の構築というのは、例えば、同業者や他士業との交流であったり、異業種との交流会などはもちろん、同...

逆に、一度やってみたけど、もう二度と手掛けたくないな、と思う仕事もあるかもしれません(私も結構あります)。

建設業関連から入るにしても、人脈などから紹介された仕事から入るにしても、新人行政書士が仕事を得る余地は十分にあります。

どうしても迷ったら建設業関連から入る、自分の人脈やマーケティングを行って仕事にしていく、どちらも並行して行っていくなど、仕事を得るための方法や入口は多々あります。

新人行政書士は、とにかく知恵を絞って行動し、やれることはどんどん行って経験値を高める努力をしていきましょう。

行政書士の実務
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル