専門分野を決めるのは実績を積んでから

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

行政書士の仕事は非常に幅広いので、多くの行政書士事務所は専門分野を掲げて業務を行っています。

行政書士業務のほとんどは、残念ながら世の中にあまり認知されていません。そのため、専門分野を前面に押し出し、何ができるのかを明確にしておいた方が分かりやすいためです。

では、新人行政書士が自分の専門分野を決める際、どのように選択していけばよいのでしょうか。

スポンサーリンク

まずは実務経験と実績をつくることから

開業当初というのは、当然のことながら実務経験も実績もありません。

ですから、新人行政書士が最初から自分の専門性をアピールしたとしても、説得力に欠けるのは否めません。

例えば、最初から相続や遺言を専門にしようと考えていても、開業当初にそうした顧客とうまくめぐり会えるとは限りませんし、実績のない行政書士に業務を依頼する顧客はなかなかいません。

また、実務経験がなければ、顧客と自信をもって話すこともできないでしょう。お客様にはそういった点は簡単に見抜かれてしまいます。

そこで、新人行政書士は、一応専門性を打ち出しながらも、来た仕事はとにかく何でもやってみることをお勧めします。

最初から専門分野にこだわりすぎるあまり、せっかくの依頼を断ってしまったりするのは、経験や実績を積むチャンスを自ら放棄しているようなものです。

そうして経験や実績を積み上げてから、自分の専門分野を考えても決して遅くはありません。

専門分野を確立するには経験や実績が必要

専門分野を確立するには、経験や実績を積み上げ、その中から取捨選択していくのが合理的です。

開業当初に、自分にはこうした分野が向いている、と考えていたとしても、実際に他の業務をやってみると、やっぱりこっちの方が向いているかもしれない、と思うかもしれません。

最初は食わず嫌いせず、何でも経験してみることが大切なのです。

また、行政書士の仕事というのは、机上で学習した知識だけでは十分に対応できません。

必要な申請条件が揃っていなかったり、情報が足りなかったりなど、イレギュラーなケースを様々経験していく中で、行政書士としての基礎体力が徐々に養われていくものです。

もちろん、将来的には専門分野を確立してブランド化していくことが必要ですが、そうしたことは、あくまでもある程度の経験や実績を積んでからの話になります。

開業したばかりの新人行政書士は、とにかくオールラウンドに何でもやってみましょう。そうした中で、新しいビジネスのヒントが浮かんでくるかもしれません。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ