行政書士賠償責任補償制度について~万が一のための保険

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の実務

新人でもベテランであっても、人間ですから業務上のミスというのは付き物です。

簡単にカバーできるようなミスであればともかく、行政書士を信頼して業務を依頼していたにもかかわらず、致命的な損害を顧客に与えてしまうようなこともないとは限りません。

場合によっては依頼された会社はもちろん、そこで働いている従業員といった人々にまで影響が及ぶ可能性もあるのです。

たとえ自分がミスをしなかったとしても、補助者などがミスを犯してしまうリスクも考えられるでしょう。

そこで考えたいのは『行政書士賠償責任補償制度』への加入です。

行政書士賠償責任補償制度とは?

行政書士賠償責任補償制度というのは、簡単にいえば、行政書士のミスで顧客に損害を与えてしまったような場合に、その損害を補償してくれるものです。つまり保険ですね。

本来、専門職である行政書士に致命的なミスは許されないことです。

しかし、プロである行政書士であっても、100%ミスを犯さないとは限りません。先にも述べた通り、致命的なミスをしてしまったことで、甚大な損害が生じる可能性もあるのです。

もし数千万、億単位の損害が生じてしまうようなことがあれば、よほど大きな事務所でない限り、普通の行政書士事務所が損害を自腹で賠償することなどできません。

新人行政書士であればなおさら、行政書士賠償責任補償制度には加入しておくべきといえるでしょう。

どのようなケースで保険が適用される?

まず前提として、次のような要件が必要となります。

  • 行政書士業務に該当するか
  • 免責事項ではないか

これは当然のことではありますが、行政書士業務の中で発生した損害が対象であり、免責事項ではないことが条件です。

全行団取扱い保険 - 全行団
全行団のwebサイト

正式な業務依頼があったのかどうか

これはつまり、業務を依頼するにあたって合意があったかどうかということです。

具体的には、行政書士業務委託契約書などの書面を取り交わしていたかどうかです。

メールのやり取りなどでも考慮されることもあるようですが、予防法務のプロでもある行政書士であれば、行政書士業務委託契約書といった書面は必ず取り交わしておくべきでしょう。

行政書士業務委託契約書をきちんと締結していますか?
業務の依頼を受け、顧客が見積もり額に納得した後、顧客との間で締結する書面が『行政書士業務委託契約書』です。 これは文字通り、行政書士が業務を受託するにあたって顧客と結ぶ契約書であり、業務上のトラブルや報酬に関するトラブルなどを未然に防止する役割がある、非常に大事な契約です。 私たち行政書...

賠償額の算定について

賠償額は、まず顧客から請求されてからの算定となります。

この請求は裁判上の請求に限らず、書面や口頭であっても可能です。ただ、具体的な損害賠償額については保険会社では行いません。

賠償額については、損害を受けた側に具体的にどのくらいの損害が生じたのかといった客観的資料を出してもらう必要があります。

ただし、行政書士報酬の返還については、保険適用の対象にはなりません。

保険は使わないに越したことはありませんが

繰り返しになるようですが、プロの行政書士も人間ですから、絶対にミスのない仕事ができるとは限りません。

私自身は開業して10年以上経ちますが、幸いこの行政書士賠償責任補償制度は使ったことはありません。

しかし、今後何があるか分かりませんので、リスク回避策としても、安心して仕事ができる環境をつくるためにも、やはり加入しておくことは必要かと思います。

こうした保険など使わないに越したことはありませんが、行政書士の仕事というのは、絶対に大丈夫ということはありません。

行政書士が顧客に言ってはならないこと~自分の身は自分で守る
行政書士に限らずですが、ホームページなどの広告媒体で『絶対』『必ず』といったニュアンスのうたい文句を掲げて集客しているケースを時々見聞きします。 顧客への営業時や相談業務の中でも、こうしたニュアンスの言葉を使ってでも何とか受注につなげたい、という方も中にはいます。 確かに、例えば行政書士...

万が一の備えというのは、事務所を運営していくうえでも大事なことです。

仮に補助者などが致命的なミスを犯してしまったとしても、『私は知りませんでした』などといった言い訳は経営者として通りませんので。

行政書士の実務
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル