細かい行政書士実務の知識は仕事をやりながら習得する

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の実務

行政書士として開業すれば分かりますが、行政書士試験の勉強で学んだ知識というのは、一見実務とかけ離れているように感じるかもしれません。

しかし、扱う業務にもよりますが、行政書士の実務の中で行政書士試験の勉強で学んだことを活かせる場面というのは結構あります。

行政書士試験で学んだ知識が活かせる、実務上でも特に必須といえるのは、民法、会社法、行政手続法といったところでしょうか。

ただ、いざ開業してみると『自分にこの仕事ができるだろうか』と不安になることも多々あるでしょう。

しかし、少なくとも行政書士の主要業務である許認可業務に関しては、書類の作成方法そのものについて、手引きなどの名称でマニュアル化されています。

そして多くの場合、書類を提出する役所の窓口やインターネット上でも入手することが可能です。

実務の知識不足は仕事の中で習得する

手引きには、申請要件や根拠法、申請書の記載方法まで、こと細かく書かれています。

実際に提出する役所が出しているものですから、実務のマニュアルとしてこれ以上のものはありません。

ただし、手引きで書類の基本的な書き方などが一通りわかったからといっても、それだけで仕事がスムーズに運ぶとは限りません。

なぜなら、手引きというのはあくまでも模範解答であり、実際に仕事をしてみると、手引きに書かれていないイレギュラーなケースというのがほとんどだからです。

そもそも、作成をプロの行政書士に依頼するということは、申請にあたって何らかの問題があり、自分で作成することが難しく、何かしら申請に困難な理由があることが多いのです。

こうしたケースに対応するためには、やはり実務を経験していくしか方法がありません。

ただし、あまりにも申請要件が整っていなければ、無理なものは無理です、ときっぱり伝えることは当然必要ですが。

行政書士の実務では、どこにどのような手引きがあるのか、申請書類に足りないものがあれば代用できるものは何か、書類を作成するにあたって役所とどのように折衝していけばよいのかなど、経験から得られたものが大きな資産になります。

そして、その経験をいかに今後の実務に役立てることができるかが行政書士としての能力であり、お金を稼ぐことができるかのポイントにもなるのです。

実務の経験不足を恐れず、新人らしくどんどん果敢に挑戦して実績を積むことが重要です。

経験がないことを恐れない

『そうはいっても、新人なのだからいきなり初めての仕事は無理』と思われる方がいるかもしれません。

ただ、実際に業務をやってみないことには、そもそも自分がその分野の仕事に適しているのかどうかもわかりません。

当たり前ですが、ベテラン行政書士もはじめは経験なしからスタートしているのです。

先輩行政書士から話を聞いたり、各種の研修会などに参加することでも、ある程度の実務知識は身につくかもしれません。

しかし、やはり業務に関する知識をしっかりと勉強したうえで、身をもって仕事を経験することが、行政書士としての資産の蓄積につながっていきます。

今は、もし業務に関連した専門書が必要であればAmazonプライム楽天ブックスといったサービスを使えば、早ければ翌日には手に入りますし、インターネット上でもある程度の情報を手に入れることができます。

実務経験のない業務に関しても、実務知識を得る方法はいくらでもあります。せっかくの実務経験を積むチャンスを逃さないようにしましょう。

補助者経験は特に必要ありません

これから行政書士を目指している方によく聞かれるのが、行政書士事務所での補助者経験はあった方がいいのか、という点です。

これについては、『あっても構わないけど、なくてもまったく問題ない』という程度です。

行政書士の一般的な実務知識というのは、近年の難しい行政書士試験に合格できた方であれば、それほど難しく感じるものではありません。

資格予備校などで実務講座などを開講しているところもありますが、私としては基本的にこうした講座を受講する必要性はないと思っています。

実務知識の少なさを不安がるよりも、まずは実務知識を勉強しながら営業をかけて仕事を獲得し、とにかくやってみること。

そこで得た経験と自信が行政書士としてのスキルアップにつながることを心得ておきましょう。