業務書式は行政書士事務所の宝です~書式の活用で効率的な業務を

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル 行政書士の実務

行政書士の実務書式というと、加除式の分厚いバインダーのような書籍を連想する方もいるでしょう。

実際、ベテランの行政書士事務所や弁護士事務所などに行くと、そのような書式集が本棚にずらりと並んでいたりします。

しかし、今の行政書士実務においては、はっきり言って加除式の書式集などはまったく必要ありません。というよりも、まったくとは言いませんが、ほとんど役に立ちません。

もっとも、こうした書式集がずらっと並んでいると何となく専門家的でカッコいいので、事務所のインテリアとして購入するのは構わないと思いますが。

今の行政書士が利用する書式は

今の行政書士が主に利用している書式というのは、やはりデータで管理できるものです。

つまり、パソコン上で編集などが自由にできる書式を利用するのがもう一般的です。

ベースとなる書式データがあれば、あとは事例に合わせて編集すればよいので、実務上とても重宝します。業務の効率化には欠かせません。

この書式データは、やろうと思えば自分で作成することも可能ですが、主要な行政書士業務だけでもかなり膨大な量になりますので、はっきり言ってこれは時間の無駄です。

その時間があるのであれば、営業活動なり他の仕事をするなりした方がよいでしょう。

特に、実務経験の浅い新人行政書士にとっては、こうした書式集があると心強いと思います。

どのような書式集を買えばいいのか

行政書士の書式集データは、様々なものが販売されています。

中には数万円、高いものでは十数万円するものもあるようですが、私はAmazonなどで市販されている手ごろな価格の書式集を利用しています。

必要な書式というのは、扱う業務内容などによって異なりますので、自分にマッチしているものを探してみてください。

中には実務書式だけでなく、要不要は別として、開業後の挨拶状や事務所移転の挨拶状といった便利なテンプレートが収録されているものもあります。

行政書士さんの中には、かなり高価な書式集を勧めている方もいますが、私としてはAmazonなどで簡単に手に入るような書式集などで十分だと思っています。

ただし、そのままでは使えないので、自分の業務に応じてかなりのカスタマイズは必要ですが。

ちなみに、許認可申請関連の書式については定型のものがほとんどなので、役所のホームページからダウンロードすることができるものも多数あります。

書式は都道府県によって異なることが多いので、許認可申請関連の業務を受けた際には、まず申請する役所のホームページを参照してみてください。

書式の蓄積が行政書士事務所の宝になります

こうした書式から生み出された事務所のオリジナル文書は、まさに実務のエッセンスが詰まった事務所の宝となります。

実務経験を積めば積むほど、より実践的な書式データがどんどん蓄積されていきます。

私は、この書式と過去の実務データがなければ、今は正直まったく仕事になりません。それくらい行政書士事務所にとっては大事なものです。

独自のオリジナル書式を充実させていくことこそ、実務の効率化を図ることができ、事務所の利益向上につながっていきます。

新人行政書士の方も、こうした書式を上手に活用して経験を積み重ね、書式の充実で業務の効率化を図りつつ、利益をあげていくことを考えてみてください。

行政書士の実務
よろしければシェアしてください
よろしければフォローしてください
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル