六法を使いこなしてますか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

法律というのは毎年何らかの改正が行われ、ある意味生き物のようなものです。

行政書士も法律に基づいて仕事をするわけですから、そうした動きにも当然対応していかなければなりません。

そういう意味でも、やはり行政書士事務所には最新の六法が必需品といえるのではないでしょうか。

いまどき六法は本当に必需品なのか

六法なんて事務所の単なる飾りにしかならない、ということを言う人もいるのですが、私としては最新の六法を揃えて、なおかつ使いこなすのが法律専門職としての常識だと思っています。

何より、六法を使いこなしている姿というのは、とてもカッコいいです。

開業当初、ある公証人に相談に行った際、そこでさっと六法を取り出して関連条文を素早く調べている姿を見て、やっぱり同じ法律専門職たる者、こうありたいなと思ったものです。

もちろん、ここでいう六法というのは、行政書士試験の受験用六法やポケット六法ではありません。いわゆる六法全書です。念のため。

ちなみに、法務省のホームページには、インターネットで法令を調べることができる法令検索システムというものもあります。便利な時代になったものですね。

なので、いまどきはこれで十分じゃないの?という人もいるのですが、慣れてくれば六法で調べた方が絶対に早いです。

六法を使いこなさずして法律家を名乗るなかれ

行政書士業務に関連する法令というのは、とても多岐にわたります。

もちろん、その全部を把握することは困難ですが、せめて自分がメインに据えようとしている業務については、関連条文を読み込んでおかなければなりません。

業務分野によっては、政令や省令、通達、手引きなどにも目を通しておくことが必要になってきます。

そうした知識を得るための基本となるのが、やっぱり六法なのです。

私としては、『法律専門職なる者、六法を使いこなさずして法律家を名乗るなかれ』と考えています。ちょっと大げさかもしれませんが。

六法にはこんな役割も

六法は使いこなすのがもちろん必要ですが、あの存在感は事務所内の見た目もぐっと引き締まります。

まだ実績のない新人行政書士こそ、六法を使いこなしつつ、そうした効果も利用して事務所内を法律家っぽく演出するのもいいのではないでしょうか。

毎年増えていく六法を見ていると、よくここまで業歴を重ねてきたな、とも感じるものです。

ちなみに、私は最新のものは外箱だけ飾りで本棚に並べて、本体はいつでも使えるように、デスクの傍らに常に置いてあります。ちょっとセコいやり方ですが。

六法は高価なものですが、せっかく買うのであれば、ぜひ中身も外見も使い倒しましょう。

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ

このコンテンツをお届けした
新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアルの最新情報を、いいねしてチェック!