行政書士の実務~風俗営業許可業務について

行政書士の主要業務として有名なものの一つに、風俗営業許可申請があります。

なお、ここでいう風俗営業というのは、キャバレーやバー、スナック、パチンコ店、ゲームセンターなどのことで、いわゆる性風俗ではありません。

風俗営業許可は行政書士の主要業務として紹介されることも多いのですが、現実的にはノウハウのない新人行政書士がいきなり参入するのは少し難しいといえる分野です。

スポンサーリンク

風俗営業許可業務の特徴

風俗営業許可業務の分野には、風俗関連分野を扱う行政書士事務所から独立した人や警察出身者が多く、営業方法や申請にあたっての技術力も少し特殊です。

また、許可を受けなければ営業を開始できませんから、もし書類収集や作成上に不備があって営業開始予定日を過ぎてしまうような事態となった場合には、営業できない期間の補償問題なども発生する可能性があります。

そして、技術力の難しさとして挙げられるのが、まず計測や図面作成の技術です。

風俗営業の申請には、店舗内の面積や室内の照度といった基準を満たしていることが必要で、これらを測るためにレーダー計測器や照度計などが必要になる場合もあります。

こうした計測機器があればよいという問題ではなく、実際の現場での計測のやり方、図面の作成などのノウハウがなければ仕事になりません。

新人行政書士が風俗営業許可分野に参入するには

もし、経験のない新人行政書士が風俗関連業務に参入するのであれば、まずは風俗営業関連の業務を行っている先輩行政書士との人脈をつくり、最初は協働で行っていくことをお勧めします。

こうした点からも、普段から先輩行政書士との人脈づくりというのが役立ちます。

そうして十分なノウハウを得たうえで、事務所の主要業務にするといったステップを踏んでいくのがよいでしょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ
スポンサーリンク