単なる事務代行屋になっていませんか?

新人行政書士事務所の開業・運営・営業・実務マニュアル

一般的な行政書士の主な業務は、各種書類の作成です。つまり、書類の作成代行ということになります。

ですから、今でも時々『代書屋』などと言われることもあります。

行政書士の中にも、『自分は代書屋』と公言している人もいますが、単に依頼されたことを無難にこなしているだけでは、これからの行政書士は生き残っていけません。

では、行政書士として生き残るためには、どのようなスキルを身につける必要があるのでしょうか。

スポンサーリンク

事務代行屋ではなくコンサルタントになる

行政書士が顧客に一目置かれる存在になるには、書類作成のアドバイスだけでなく、付加価値をつけて評価を上げることが必要です。

例えば、会社設立の依頼を受けたら、定款や目的、役員の人選といったところまでアドバイスすることで、いわゆるコンサルタント的な地位を確立できます。

また、遺言書の作成業務であれば、財産の調査や評価、親族間の紛争防止といった予防法務についてのアドバイスができることで、顧客から評価を受けることができます。

行政書士は書類作成だけでなく、そこに付加価値をつけることで、顧客に高く評価してもらうことが重要なのです。

そして、こうした仕事で顧客から高く評価されれば、顧問としての仕事や、さらに大きな仕事を依頼してくれるといったきっかけにもなります。

単なる代書屋では、顧客から高い評価を受けることはできません。

コンサルタントになれば報酬も上がる

また、自分の仕事に対して顧客の評価を得られれば、価格競争に巻き込まれることもありません。

顧客に付加価値を評価してもらうことで、逆に報酬を上げることができるからです。

もちろん、中には値下げを要求するといった困った顧客もいますが、コンサルタントしてのスキルを高めておけば、そうした顧客を相手にしなくても済みます。

行政書士が高く評価されるには、どれだけ付加価値を評価してくれる優良な顧客と出会えるかが大切なのです。

メイン業務に関しては徹底的に勉強する

こうした地位を獲得するためには、自分がメインに据えている業務に関して、徹底的に勉強することも必要になります。

少なくとも、自分が事務所を構えている地域の中では、自分が一番その業務に詳しい、といったレベルまでです。

付け焼刃の知識で仕事に臨んでも、顧客にはすぐに見透かされてしまいます。

開業当初は来た仕事は何でも受けつつも、メインに据えている業務については知識を深め、プロとしての評価を得られるように努力していきましょう。

スポンサーリンク

よろしければフォローしてください

関連コンテンツ